謹賀新年2022

明けましておめでとうございます。
河合⼯務店です。

0101.jpg


昨年も、温暖化による異常気象で多くの
災害が発生しました。
被災された方々のご心労を想い、お見舞い申し上げます。
また、1年半にわたるコロナ禍は収束したものの、
第6波も警戒され、予断を許しません。
まさに私たちは、変化の真っただ中に
直面している状況下にあります。



コロナ禍では、生活スタイルも大きく変わりました。
夫婦共働きであれば、お2人がご自宅で仕事をすることに。
そこで求められたのは「リモート部屋」です。
パソコンと向き合い、静かに業務に集中できる
個室が急きょ2つ必要になる。
解決法としては、広いお部屋を引き戸で2つに区切る、
あるいは、元あるお部屋を無垢材に囲まれた
心地良い空間にするなど。
こうしたリフォームこそ、新たな時代、
私たちがやるべき仕事だと感じています。


リフォームは、家族構成の移ろいにも対応します。
例えば、お子さんが幼いときは、リビングで見守り、
成長してから納戸を個室に改装して与える。
お子さんが巣立てば、またその部屋を、
シニアのご夫婦が、趣味を楽しむ空間に。
将来、介護を受ける可能性を配慮し、
和室の床をベッドの置けるフローリング
にするのも良いでしょう。
10年後を見据え、住み慣れた家をメンテナンスし、
ライフステージの変化に対応するリフォームの仕事に、
今年は特に力を入れたいと考えております。
もちろん新築も手がけます。
その家は、生涯、安らいで暮らせ、
次世代にも託せる100年住宅となるはずです。



私事ですが、2人の子を40代で授かりました。
育つ幼子の姿が愛おしくてならず、
趣味を放り出して、家族の時間を大切にしています。
「生きること」自体が、かけがえのないことであり、
それを支えるのが「家」だなと改めて実感。
今後も、変わることなく情熱を傾け、
家づくりに精進してまいります。
今年もよろしくお願い申し上げます。


河合工務店代表 河合稔

新しい⽔周りのデザイン

こんにちは、河合⼯務店です。

^1.png

最近増えてきたのは「セカンド洗⾯台」を
作りたいというご要望です。
2Fトイレの⼿洗い場として、
トイレの後以外にも気軽に⼿を洗える場所として、
2F を掃除するときに使う⽔場として、
セカンド洗⾯台には様々な需要があります。
スペースが確保できる場合は、
ぜひ設置してみてはいかがでしょうか。



そして以前にも増してご要望をいただくのが
「洗⾯台を造作したい」というお声です。
既製 品は万⼈にとって使いやすく作られていて、
なおかつ値段もお⼿頃です。
それもいいのですが、⾝⽀度を整える洗⾯台。
せっかくならこだわって、
⾝⽀度を整える時間を楽しいひとときにしたい。
そんなお気持ちから、造作洗⾯台が⼈気を集めています。

私たち河合⼯務店としても造作洗⾯台はおすすめです。
やはり造作すると既製品とは表情がまったく違います。
使い勝⼿もデザインも、すべて好みの通りに
作ることができます。


何より、家に愛着が湧きますよ。
河合⼯務店では洗⾯台に限らず、
造作家具もおすすめしています。

スキップフロアのメリット・デメリット

こんにちは、河合⼯務店です。


近頃、住宅情報雑誌などでよく⽬にするスキップフロア。

XLbvtA.png

吹き抜けのような天井が⾼い部屋に設けられることが多く、
1.5 階のような存在として⼈気を集めています。


スキップフロアのメリットとしては、
敷地⾯積よりも広く空間を確保できること。
収納スペースを増やしたい、書斎として使える場所が欲しい、
という場合にスキップフロアを選ばれることが多いようです。

またスキップフロアがあるだけで空間に個性が⽣まれるので、
おしゃれな部屋にしたい、
という⽅も好まれる傾向にあるようです。
しかし、その⼀⽅でよく考えていただきたいポイントも。


実際にスキップフロアを設計すると、
想像以上に⾼さを確保できないことが多いです。
⼤⼈が直⽴できない程度の⾼さになる場合が多いので、
収納スペースとしても、書斎としても、
使い勝⼿の悪さを感じてしまう可能性があります。

またスキップフロアを作ると必然的に
階段が多くなってしまうため、
年を取ったときに使いにくい場所になる、
ということも忘れてはなりません。

階段の上り下りは⾜腰に負担がかかり、
⾃然と⾜が遠のくようです。
せっかく作った場所なのに、後々使わなくなってしまった…
となったらもったいないですよね。


河合⼯務店にも「スキップフロアを作りたい」
というお客様はいらっしゃいますが、
このような事情をお話すると最終的に
なくなってしまうことが多いです。

⾒栄えや機能性はとても重要ですが、
⼀番⼤切なのは「本当にそれが必要なのか」を
⾒極めることだと思います。

家を建てたいと思ったら、まず何を?

こんにちは、河合⼯務店です。

AdobeStock_68634522.jpeg

マイホームの購⼊は、⼈⽣でも
1 回あるかないかの⼤きなイベント。
中でも注⽂住宅で「理想の家を建てたい」となると、
まず何から始めていいか
わからないという⽅も少なくないのではないでしょうか。

「わからない中でも、動かないと始まらない」
という気持ちから、⼟地を先に購⼊しよう!
と考えるのは、⾒切り発⾞かもしれません。

「家を建てたい」と考え始めたら、
まずは家を建てる施⼯会社へ話を聞きに⾏くこと!
これ に尽きます。


家を建てるときは、⼟地代と建物代を
バランスよく配分しなければなりません。
⼟地だけを先に購⼊してしまうと、
建物代の予算が確保できなかった…と
いうことになりかねません。
だからこそ、まずは施⼯会社に話を聞きに⾏って、
予算感を把握することをお勧めしています。

また⼟地だけを先に購⼊してしまうと、
外構にお⾦がかかるような⼟地だったり、
地盤の補強⼯事が必要な⼟地だったり…
と予想外の費⽤がかかってしまうことも。

それ以外にも電磁波の影響を
強く受ける⼟地だったりと、
「こんなはずでは…」と感じてしまうこともあります。

⼟地を購⼊するときは不動産屋さん以外のプロの
意⾒も聞けるような状態にしておくことがオススメです。


今、見直されている「土間」という存在

こんにちは、河合⼯務店です。

y.png


最近、⼟間が⾒直されているってご存知でしたか?


昔ながらの⽇本家屋では必ずと⾔って
いいほど⼟間がありましたが、住宅環境が変わるにつれ、
省かれることが多くなっていました。

しかし今、あえて「⼟間を作りたい」とのリクエストが
増えているのはなぜでしょうか。
今回は⼟間の在り⽅についてお話します。


ここ数⼗年、⽞関はコンパクトに作る傾向にありました。
しかし⼟間を作ることによって、
⽞関はとても広々とした空間になります。
⽞関は毎⽇使う場所ですから、広々としていた⽅が
気持ちよく過ごせますよね。

⼟間を作るメリットは、
広々とした⽞関になることだけではありません。
たとえば⾬具(傘・ かっぱ)、アウトドア⽤品、
ベビーカー、⾃転⾞、というような部屋の中にしまいにくい物を
しまう収納場所としても活躍します。

家の中にある場所ですが、外と同じような感覚で
使えるスペースとして使うことができます。

また DIY やバイクや⾃転⾞のメンテナンスをするときの
場所としても、天候に左右されず に作業ができるので、
思いっきり趣味の時間を楽しめます。

ただ⽞関は家族だけでなく、お客様も迎える⼤切な場所。
「収納や作業スペースがお客様に
丸⾒えになってしまうのは抵抗がある」という場合も
ご安⼼ください。

暖簾などで⽬隠しをすることもできますし、
動線次第で⼈⽬に付きにくいような
設計にすることは可能です。

⼟間はあるととても便利ですし、
なによりも⽞関が広いのはとても気持ちがいいです。
家を好きに設計できるのは、新築を建てる⽅の特権です。
ぜひ我儘になって、「こんなこと をやってみたい」と
いう想いを叶えてくださいね。


わからないことなどあれば、
どうぞお気 軽に河合⼯務店までご相談ください。

Copyright © KAWAI-KOUMUTEN All Rights Reserved.