「R」技に大工の心意気

【モデルハウス河合邸5】
<6回シリーズ>

こんにちは、河合工務店です。


5.jpg

河合邸では、河合工務店の大工たちの
見事な技を体感できる。
とくに難易度の高い「R」の技にご注目。

玄関では、上がり框のゆるいカーブの
ヒノキ材にそってカエデ材の床板一枚一枚を
カンナで微調整してはめ込んでいる技が見れる。

杏奈さんの希望で、
書斎とパントリーは扉をなくし、
かまくらのように上部は丸い仕上がりに。

配管の点検やメンテナンスのための
パイプスペースの「R」の施工もすごい。
通常は壁の中に隠れる所だが、
この技をお客さまに披露するため
戸をつくって覗けるようにしている。

気遣い「R」は、家のいたるところにある。
階段やテーブルなどの角は、
ぶつかっても痛くない優しいカーブ。


(文責/ライター上田隆)

身も心もラク〜な寝室

【モデルハウス河合邸4】
<6回シリーズ>

こんにちは、河合工務店です。

4.jpg

3階寝室の中央には、
徳田銘木から取り寄せた杉を
大黒柱にどっしり据えた。
上を見上げると、勾配天井にすることで
低い階高が高く感じる。
天井の大きなファンが風を起こすので、
初夏はエアコンいらず。
フローリングは杉板なので柔らかく、
傷つきやすいが素足で踏むと心地良し。
壁全体がシラス壁で、霧吹きで水を吹き付け
湿度調整している。
そのため空気はしっとり澄んで快適に。

将来、子がもう一人増えたときは、
大黒柱から前の壁に向かって壁を
設ければ、新たな子ども部屋に。
だからあらかじめドアを2つつくった。
未来のための家づくりも、
お客さまに提案したい。


(文責/ライター上田隆)

丈夫な床で木の大空間

【モデルハウス河合邸3】
<6回シリーズ>

こんにちは、河合工務店です。


3.jpg


プランとしては難題だらけだった。
敷地は住宅街内の狭小地で、
しかも規制が厳しい準防火地域。

また河合工務店の技術をすべて出し、
柱・梁が見える家にするのは大前提だった。
かといって太い柱・梁を入れると
小さい家がより狭くなる。

そこで建築家の市川さんの提案で、
下地の床を厚板で斜め張りしたことで
床面が歪みにくくなり、
内部の壁が少なく開放的な空間に。

そのため2階居間は、広々とした空間となった。
ナラのフローリングの下に温水式の床暖房を
設置したので、冬はじんわりあったか。
その上で娘の里奈ちゃんが、
飛んだり跳ねたり。
家族が、とってもくつろげる部屋だ。


(文責/ライター上田隆)

家づくりの喜びを知る

【モデルハウス河合邸2】
<6回シリーズ>

こんにちは、河合工務店です。


稔社長自身の、河合工務店による家づくりは、
設計を終えていざ工事となっても、
お客様の仕事を優先するため中断ばかり。

0928.jpg

そんなある日、徳田銘木の徳田社長より、
「一生に一度の家づくりなんだから、
うちの良い木を直接見においでよ」と
申し出が。

稔社長は、急きょ、新幹線で奈良に行き、
レンタカーを借りて吉野の山へ。
朝に銘木を積み、8時間半車を走らせ、
河合工務店の作業場へ向かった。
車の中で、
「とうとう自分の家をつくるんだなぁ…」
という感慨がわいたという。


1年かけてやっと竣工。
「八日会や協力会社、
大工のみなさんなど多くの人の手によって
この家ができたとき、
感謝の気持ちがこみ上げてきました」と、
妻の杏奈さんもしみじみ語る。



(文責/ライター上田隆)

モデルハウスとしての自邸

【モデルハウス河合邸1】
<6回シリーズ>

こんにちは、河合工務店です。


河合稔社長は、念願の河合工務店に
よる自身の家づくりを実現。
特に土地探しが大変だった。
自邸兼モデルハウスにすることも考慮し、
中野区内に建てることに。


0924.jpg


2〜3年かけて適地を発見。
21坪の狭小地だが購入した。
「お客さまが土地探しに苦労され、
迷われる気持ちがよく分かりました(笑)」
と稔社長。

設計者を、提携の建築家の中から一人を
選ぶことが難しかった。
また、自邸だからこそ新たな実績が
築けるのではないかと、
先入観の妻・杏奈さんが選ぶことに。

その結果、建築家・市川創己さんに決まる。
たまたま大地を守る会さんと
提携している人で、不思議なご縁。

(文責/ライター上田隆)

Copyright © KAWAI-KOUMUTEN All Rights Reserved.