画像ファイルが無い
東京都中野区の河合工務店が自然素材での健康住宅設計・リフォームについて書きます。
カレンダー
<< 2020年  8月 >>
                  1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31               

美しく落ち着きのある「和」の家を

4-1t゙N゙.JPG

【環境に責任持つ「家づくりの思想」で一致】
周囲に畑と緑が残る武蔵野の一角に、いぶし瓦の切妻屋根を大らかに広げたM邸が佇みます。
建て主のM様は大学教授で、真に豊かな生活を求める「ライフデザイン」の提唱者。その思想と河合工務店の考え方が見事に響き合い、美しい家が生まれました。

4-2t゙N゙.JPG

以前、M様は、目黒区の森のある公園の賃貸マンションに住まわれていましたが、お子様が全身アトピー皮膚炎に。
原因は、壁紙などの新建材。
そこで郊外に避難するとともに、新建材を使わない、自然素材だけの家をつくる決意をされました。
また、朽ちていくのさえ美しく、落ち着きの感じられる、伝統的な和の家、無垢の木や瓦、土壁でつくられた家に住みたいという理想を、この機会に実現したいとも。
さらに、街並みや環境に対して「責任ある家づくり」を意識。
若き日、古い街並みを大切にするイギリスに暮らした経験から、最近の日本の街並みの荒廃を憂いていたからです。
自分の所有物だから好き勝手にするのでなく、周囲の景観に調和した家にと配慮する。
そして将来、家が廃材となっても地球環環境に問題を起こさない、土に還る素材を使うこと。
M様と当社の家づくりの思想は完全に一致するものでした。

【質を高めつつ低コストにと、知恵出し合う】
しかし、両者の出会いはまったくの偶然。M様は、建築雑誌で工務店を調べ、現場見学も重ねましたが、今一つしっくりこない。
たまたま市役所で、家の補修工事を市がサポートする趣旨のチラシを見つけられ、その工務店一覧をランダムにたどって電話をかけられたとのこと。
受話器向こうの当社の対応があまりに商売っ気がないことにかえって好奇心を抱いて訪問されたのが、お付き合いの始まりとなりました。
現場見学会に行かれたM様は、河合孝社長(現会長)が、近年の建築物への懸念、職人の技術の喪失、地球環境問題への心配を語ることに大いに共鳴され、当社との家づくりをすることに。
問題は、限りある予算。M様はよく勉強され、作業も複雑すぎず、かつ耐震性の高い「田の字」型の採用など、質を下げない低コストのプランを自ら提案され、建築士はそれを設計に取り入れました。
当社からも知恵を出し、不要なところを削り、ご納得いただける金額まで切り詰めることができました。

【日本酒が美味しくなる「木三昧」の空間】
4-3t゙N゙.JPG

玄関の桧の引き戸をガラリと開けると、正面に円形の美しい格子組の障子が、訪問者を出迎えます。

4-4t゙N゙.JPG

1階の居間には、24cm角のある吉野桧の大黒柱が艶やか。
梁は赤松、天井は秋田杉、床は吉野桧の空間に、木の香り乗せた風が吹き渡ります。
丁寧にカンナがけされた木肌はなめらかで、夜は白熱灯のオレンジの光が照り返して独特の雰囲気に。

4-5t゙N゙.JPG

M様の思い描いた「美」と「落ち着き」ある「和」の家は実現しましたのです。ただ、庭も純日本庭園に造り込む予定でしたが、予算足らず。そこで、少しずつご自身で手を入れ、日本酒がより美味しくなる風景にしていかれるそうです。
正面玄関壁の一部は、M様の教え子の女子大生が塗られました。顔を泥だらけにして笑い合う光景が
思い浮かびます。今後もこの家を教材として「家づくりの思想」が若い人に伝わればと願っています。

by 河合工務店施工事例2020.07.16

工務店の視点からトレーサビリティを考える

こんにちは、河合工務店です。

近頃よく聞くようになった「トレーサビリティ」という言葉。これは物品の流通経路を生産段階から最終消費段階まで追跡が可能な状態にあることを言います。
そのモノがどこでどのように作られているのかを明確にすることで、安心して消費することができるという観点から、トレーサビリティの意識が年々高まっています。
よくスーパーで見かける「〇〇さんが作ったトマト」という様な表記もトレーサビリティの一環ですね。

私たちは以前からこのようなことを大切にしています。

木材流通の現場でも合法木材や森林認証材など、出所・履歴の明らかな木材が求められるようになってきました。
特に県産材のブランド化を推進している場合は木材トレーサビリティのガイドラインを作っているところもあります。
しかし一般的な木材だと産地を特定することはできても、その先の情報を負うことは難しいと感じています。

3t゙N゙.jpeg

安心・安全な家を建てるためには、その土台になる木材の質はとても大切です。
河合工務店では数多くある国産木材の中から、家づくりに適した木材を厳選して使っています。

送料の兼ね合いから東京からあまり遠くない産地の木材を選ぶことが多いですが、もちろんお客様のご希望であれば日本全国各地から木材を取り寄せることも可能です。
例えば出身地の木材を使いたい、憧れの銘柄木材を使いたい、というご希望があれば、ご用意することはできますので、どうぞお申しつけください。

これからも皆様に安心して住んでいただける国産木材を使った健康住宅をご提案していきますので、どうぞよろしくお願いいたします。
by 河合工務店自然素材2020.07.14

「真の歯科医療」を実現する癒し空間 

【患者様の治癒力を高める自然素材の診療所を】
2-1t゙N゙.JPG

風にざわめくケヤキの下に建つ、いぶし銀の日本瓦と白壁のM邸。
1階が、M様ご夫妻が開業するみどりの杜歯科クリニックです。

2-2t゙N゙.JPG

木に囲まれた空間での丁寧な治療が評判で「ファン」が増え、数ケ月先まで予約が一杯。

2-3t゙N゙.JPG

まず患者様が驚かれるのは、待合室も診療室も、病院特有のあの嫌な匂いがしないこと。
診療台に横たわれば、美しい杉の天井、赤松の梁が見えて安らぎます。
ほのかな木の香りと心地良いBGMに包まれて、つい眠ってしまう方もおられるとか。

ご夫婦が思い描く「真の歯科治療」は、自然の治癒力を生かし、有害物質などの薬剤を避けたもの。
脱ケミカルを配慮して自然素材のみ使用し、電磁波対策を行うことが必要でした。
また、この家は、安心安全な子育てをする場でもあります。
こうした理想の自宅兼歯科医院を実現できるつくり手に探し出すには、多大な労力をかけられたそうです。

【理念を理解するつくり手に出会うまで4年の歳月】
当初、M様ご夫婦には、家づくりに関する知識はゼロ。
初めの要望は、「化学物質を使わない家」というシンプルなものでした。
まずは、住宅展示場に行き、ある大手ハウスメーカーに依頼。
打ち合わせを重ねるも、合板を使用する計画など理想と合わず断念。
次に「自然住宅」を標榜するメーカーと図面をつくるも、素材に疑問が多く、契約に至らず。

その後、ある設計事務所に依頼しますが、目指す歯科医療の意図をまったく理解してくれず。
プランは作成したものの、契約寸前で迷いが生じます。
その時、ママ友から河合工務店のことを教えられてホームページを見て興味を持たれ、翌日訪ねると河合孝社長(現会長)と意気投合。
当社への依頼を決意されました。ここまでなんと四年。

M様ご夫婦は、早速、私たちと連携する建築士に、歯科医院のコンセプトを説明しました。
その後間もなく、具体的な設計イメージを伝えるまでもなく出来上がった図面に、ご自身の想いが全部満たされていたことに驚かれたそうです。

【大黒柱が、診療所と住居をどっしり支える】
2-4t゙N゙.JPG

1階は歯科医院で、M様ご夫婦の先生方やスタッフの方が仕事をしやすいよう、広い空間をパーテーション的な目隠しで仕切りました。

2-5t゙N゙.JPG

1階歯科医院の玄関を入ってすぐに配置した大黒柱は、2階住居のリビングと天井に達し、東西南北に延びる太鼓梁に交差。そのどっしりとした佇まいが、安心感を家全体に漂わせています。
ちなみに2階リビングは、ヨガ教室にも開放。

2-6t゙N゙.JPG

設計上で悩んだのは、診療室の床は土足にしてほしいというご要望。
無垢の床材(ナラ、栗)の上を土足にすると埃や衛生上の問題があるので、「スリッパでのご利用を」とお願いし、ご理解いただきました。
結果的に、足裏に温もりが伝わるフローリングにご満足され、患者様にも喜ばれているそうです。

M様ご夫妻が目指されている歯科医療は、従来の削ったり抜いたりする「直す」ではなく、歯の病気を「治す」というスタイル。
癒しの木の空間で、その信念を、日々実践されています。
by 河合工務店施工事例2020.07.09

家を建てる前に知っておきたい、地盤改良の話

こんにちは、河合工務店です。

今日はこれから家を建てる人には是非とも知っていただきたい、地盤改良のお話をします。

家族が安心して暮らすためには、家がしっかりした造りであることはもちろん、その家が建つ土地(地盤)もとても重要です。
日本には軟弱地盤と呼ばれる、泥や多量の水を含んだ柔らかい土壌が各所にあります。
地盤が弱いとどんなに丈夫な家を建てても、地震などの天災によって家が傾いてしまう様なトラブルにつながります。
そのためにも家を建てる前には、地盤調査が必要なことは皆様もご存知かと思います。

1-1t゙N゙.jpg

そして地盤調査を依頼するときはしっかりと調査会社を選ぶようにしましょう。

1-2t゙N゙.jpg

河合工務店では地盤調査のみを行っている会社さんにお願いしています。

1-3t゙N゙.jpg

地盤改良工事を行っているところです。

1-4t゙N゙.jpg

こうして安心安全な基礎ができました。

これから家を建てる予定の土地が軟弱なため補強工事が必要だ、という調査結果が出たら、誰だって補強しなければならないと思ってしまいますよね。
必要のない工事のために、マイホーム資金として貯蓄してきた大切なお金を使ってしまった…となってしまわないためにも、調査会社はしっかり選びましょう。

また、調査結果が心配の方は、セカンドオピニオンとして、別の調査会社に再調査をされるケースも増えてきているそうです。

地盤調査を依頼するときは、信頼できる調査会社を選ぶようにしましょう。
具体的には、調査のみ行う専門の会社さんがおすすめです。
施工を行う会社と、調査を行う会社がそれぞれに独立していることの方が安心かと個人的には思います。

また、工事の工法によっては、その土壌による化学反応として、
人と環境に悪影響を及ぼす六価クロムが発生してしまう場合があります。
地盤が補強されることで基礎は安定するかもしれませんが、庭や地域の環境が汚染されてしまっては、せっかく健康住宅を建てても意味がありません。

家づくりは土壌を整えることから始まっています。
もしわからないことやご不安なことがあれば、いつでもご相談にのりますので、どうぞお気軽に河合工務店にご連絡ください。

工務店の社長が建てた家 〜子ども部屋編〜

こんにちは、河合工務店です。

家づくりのプロである工務店の社長は、家にどのようなデザインや機能を取り入れて生活しているのか、気になるところですよね。

そこで代表の河合稔が、自邸を建てたときにこだわったポイントや取り入れてよかったと思う機能をご紹介したいと思います。

今回は子ども部屋編です。
皆様の家づくりのご参考になれば幸いです。

まず私たちが購入した土地は、決して大きな敷地面積というわけではありませんでした。
子ども部屋は大きくなくていいよね、と当初から家族会議で決定していました。
そして法律の都合上、北側斜線があるため、3Fの部屋の角は斜めになってしまいます。

8-1t゙N゙.jpg

子ども部屋の位置は早々にその部屋に決まりました。
スペースは狭いですが天井が高いため、圧迫感はありません。
斜線になっている天井は子どもにとっては秘密基地のようで、かえってワクワクする空間になるかと思ったのも理由のひとつです。
その特性を活かして、勾配屋根で天井が低くなっている部分は、子ども部屋から続く物置き場として活用しています。

8-2t゙N゙.jpg

その他にも第二子が誕生した時のことも考え、現在寝室として使っている部屋は、いつでも間仕切りができるような設計にしてあります。木造住宅の場合はいかようにも間仕切りがとれるというメリットがあります。
「家族がくらしやすい家」は、その時々によって変化します。
いつでも柔軟に対応できる設計が大事だと思っています。

家族が増えたらどうするか。
子どもが独立したらどうするか。

家は5年、10年を目安に、その時々の家族にとって暮らしやすい家の形を見直すのもいいかもしれませんね。

家族の「今」を大切にした家づくりにこだわった社長のマイホーム。
次回は寝室編をご紹介いたします。

どうぞお楽しみに!
by 河合工務店施工事例2020.06.30

Copyright © KAWAI-KOUMUTEN All Rights Reserved.