畳上で、正しい正坐

【「和」を学ぶ2】
2回シリーズ

こんにちは、河合工務店です。

0615.jpg


正坐が決まる…という感覚が新鮮。
6月13日、高橋豊紀さんが主宰する
「ととのう正坐」注)
を体験する。
場所は、練馬駅からすぐの豊玉あん。
繁華街の一角にある日本家屋だ。


お尻をくいと突き出し、座骨を、
寄せた踵に組み合わせる。
仙骨に力が集まる感じを意識すると、
下半身がズンと沈む。
一方で、脊椎がシャンと伸びて、
頭がすーっと軽くなる。

イメージ的には、お尻という卵を、
小さな台にのせる感じか。
慣れないので、畳に当たる足のこうが痛いが、
気分はスッキリ。


正坐した後、高橋さんより、
自家製のレモンケーキと、
正しい正坐でいれてくださったコーヒーをいただく。
コーヒーのこくと、レモンの酸味が
ちょうどよく、美味しい。
お茶の先生で豊玉あんの八木佐和子さんを交えて、
3人で歓談。コーヒーを飲まれる所作が美しい。
お茶の作法は、万事に応用できるよう。

庭からの微風が心地良い。
座る和室の、「畳と木の空間が和みますね」
との話題に。
お茶の所作では、「脇に卵を挟む感覚がよい」とも。
また「卵」が出てくる。


豊玉あんでは、着物を着ての
日本茶を体験できるという。
貸し袴もあり。
室内の蔵の扉を開けると、フローリングの一室に。
ヨガやイベントなど開催しているとのこと。


注)ちなみに、通常使う「正座」の「座」は、
すわる場所を意味。
だから当会では、動作のすわるの
「坐」を使い「正坐」とする。
奥深い…。


※高橋さんのインスタ @takahashi.toyoki
八木さんのインスタ @toyotama.an


(文責/ライター上田隆)
by 河合工務店「和」を学ぶ2022.07.01

「男の着物」をビシッと着れば

【「和」を学ぶ1】2回シリーズ
第1回

こんにちは、河合工務店です。

0514.jpg

「和」とは何か。
伝統構法の家をつくる私たちには大切なテーマ。
その第一弾。ライター上田が、「男の着物」を体験し、
「和の心」を学んでみました。


鏡を見て、仰天。
「こんなに似合うなんて…」。
頭が坊主だから、調子のいい「住職」に見えなくもない。
昨日、男性の着物の着付けされている
高橋豊紀さんより、それをご指導いただいた。
場所は、練馬区の豊島園駅すぐの向山庭園。
そぼふる雨で、緑が潤っていた。

高橋さんとは、インスタで知り合う。
凛と背筋を伸ばした着物姿で、本格的にクッキーをつくり、
コーヒーを入れる姿が、かっこよくて面白いなぁと、
マメに「いいね」を押していたら、
「着付けを体験しませんか」とお誘いを受けた。
着物など、成人してからは、旅館の浴衣以外着たこともない。
だいたいファションや身なりに関心がない。
行儀も作法もあったもんでない。
着物体験は、相当におっかなびっくりだった。

袴をつけ、帯をぐっと巻いてもらうと、
心がぐっとしまって驚く。
ヘソから指3幅分の丹田あたりを強目にしめるので、
意識がぱっと鮮明に。
また、後ろの硬いパッドのようなものが腰のくぼみに入って、
背筋がしゃんと伸びる。
「腹が据わる」…という言葉そのままの体感である。
高橋さんは、それが「和の心」だという。
その感じを、もう少し書けば、こうなる…。
ぼんやりした意識の中に、空洞の筒が中心にすっと入り、
筒中の「気」が上と下にすーっと流れ、心が鎮まる感じ。
何か大仕事を前に、たじろがないような。

※以下、高橋さんの
インスタ
https://www.instagram.com/takahashi.toyoki/


(文責/ライター上田隆)
by 河合工務店「和」を学ぶ2022.06.28
前のページ  TOP  次のページ

Copyright © KAWAI-KOUMUTEN All Rights Reserved.