「阪神淡路大震災」を目撃して

【YouTube動画、第5回をアップ!】


こんにちは、河合工務店です。

5T.jpg


YouTube動画を、新たにアップ!。
『河合工務店通信 第5回』と検索すれば、出てきます。
https://www.youtube.com/watch?v=eLN5yrbZ5BY
テーマは、「阪神淡路大震災」。

1995年1月17日に発生した大震災。
河合工務店は、同年1月27〜29日にかけて、
同業他社の仲間たちと、
被災地に入って救援物資を届けた。

その際、神戸市の東灘区・長田区・中央区、
芦屋市に行き、被災状況を見て回る。
「木造家屋は地震に弱い」と、
さかんに報じられていたが、 実際そうなのか、
河合孝社長(当時)は確かめる。

木造の住宅に限らず、 RC造の住宅、マンション、
ビルも倒壊していた。
そして、共通する多くの原因は、
1階の耐力壁の脆弱さだった。
高速道路や新幹線の高架にしても、
柱と上部構造物の間が倒壊。


またこの地震でマスコミは
「重い瓦が家を押しつぶした」と喧伝。
しかし、本当の原因は瓦でなく、
やはり1階の耐力壁の弱さ。
そもそも瓦は、日本の気候風土の中で鍛えられた
有能な建材である。
真夏であっても、ガルバリウム鋼板やスレート板より、
屋祢下の温度を10度低く保つ。
メンテナスもしやすく、長期的に見れば、
コストがかからない。
震災以降の「瓦=悪者」が
定着してしまったことに改めて異議。
「命を守る家」をつくるには、真実を見極めるべし。


(文責/ライター上田隆)


by 河合工務店YouTube2022.06.07

YouTube動画、第3回を更新!

こんにちは、河合工務店です。

新しいディスクトップのパソコン、
27インチの大モニターを揃えて、
YouTub動画『河合工務店通信 第3回』を作成!
https://www.youtube.com/watch?v=yXJesEVslO8&t=200s

3T?K.jpg

慣れない操作で、えっちらおっちらと仕上げました。
ぜひご覧になり、内容や技術的なこと、
ご感想などうかがえたら嬉しいです。
今後、街に出てロケも行い、楽しい番組を
公表していきます。
お楽しみに!

—―――――――――――――――――――――
今回の番組の内容は、以下の通り。

河合稔社長の小学校時代の恩師であるHさんの事例。
室内の壁を取り除き、光と風のある大空間に。

とくにHさんのこだわりは、
1階和室を「子ども図書館」にすること。
教職を引退後、近所の子たちに読み聞かせ教室を開く場が、
自宅にあればと考えていた。
そこは、無垢材の本箱とフローリングのある、
心地良い「ホール」となった。

キッチンも広々とした木の空間に。
外観は、付け板を貼って、
北欧住宅のハーフティンバー風ヘ。
た幼い頃のお子さんが落書きした
古い柱を「柱時計」に加工し、 Hさんにプレゼント。
かけかえのない「思い出」を残すリフォームの形がある。

(文責/ライター上田隆)

by 河合工務店YouTube2022.05.20
前のページ  TOP  次のページ

Copyright © KAWAI-KOUMUTEN All Rights Reserved.