「音楽」を深くする森の力

【社会活動4-2】
<2回シリーズ>


X?RT[g2.jpg


「伐採ツアー」の後は、森のコンサートが
1時間ほど開演され、150人の参加者を
魅了した。

音楽グループ「音種(おとたね)」が演奏する
舞台は、なんとツリーハウスのバルコニー。
『ふるさと』『上を向いて歩こう』
『アメージング・グレース』など名曲の
美しい調べが、森の木々に反響し
豊かに広がっていく。

天から差し込む木漏れ日が、自然の照明となって、
神々しく会場を照らす。
歌詞の一つひとつが深い意味を秘めて
胸に染み込んでくる。

文字通りの「森」のコンサートである。
さまざまなジャンルの音楽を
ここで演奏してみてはどうだろうか。


(文責/ライター上田隆)
by 河合工務店社会活動2021.11.30

生きた木が柱のハウス

【社会活動4-1】
<2回シリーズ>

X?RT[g1.jpg

山道を登ると不意に現れるツリーハウス。
河合工務店が所有する黒羽の山の一角に、
木々を柱にして立つ。
2014年5月24日に行われた第6回
「森と木の伐採ツアー」で初披露され、
参加者たちを驚かせた。

建物は、2013年10月に竣工。
河合工務店が設計し、地元の丸山工務店が施工。
河合稔社長は挨拶の中で、
「敷地内の山の木を手刻みして建てた、
まさに地産地消のもの」と語った。


電気は通らないが、このハウスで宿泊型の
セミナーを開催しても有意義かもしれない。
周辺には温泉施設もあることだし。


(聞き手/ライター上田隆)



by 河合工務店社会活動2021.11.28

新しい木の文化をつくろう

【社会活動3】

こんにちは、河合工務店です。


t.jpg

無垢の端材で、
日本酒を美味にする木の酒杯を開発しよう。
そんな楽しい試みが、
河合工務店の一室で行われた。


河合孝会長が10種の木で作成した酒杯に、
さまざまな日本酒が注れる。
木と酒の香りを吟味するのは、共同企画者である
大妻女子大学の学生たちと
FBO(飲料専門家団体連合会)の方。

結論として、日本酒と一番相性が良いのは
やはり桧で、上品に味わえるとのこと。
一方で、マキが強い酒のクセを和らげる効果も発見。
また酒杯の口は、薄くなめらかなものがよいと判明。

これまでにない木の酒杯を世に発信したいと、
士気は高まる。


(文責/ライター上田隆)
by 河合工務店社会活動2021.11.05

端材パワーは、無尽蔵

【社会活動2-2】
<2回シリーズ>

こんにちは、河合工務店です。

1102.jpg

孝会長の発案で、
無垢材の端材は建材としても使われる。
トイレの床に敷き詰められた端材ブロックは、
傑作の利用法。

上のイラストの事例では桧。
仄かに香る、品の良い防臭剤になっている。

水にも強い桧。
断面の木目も美しく、ずらり並ぶことで
リズム感が出て面白い。
ぐるりと囲む杉の腰板との相乗効果で、
爽やかな空間に。

現場で出た端材は、小学校や木工教室に無償で
配ることも。
カンナ屑だって「枕に入れると安眠効果がある」と、
提案する。

あの手この手で端材の使い方を工夫するのは、
木の可能性を多くの人に伝えたいから。


(文責/ライター上田隆)
by 河合工務店社会活動2021.11.02

「まるっ」と癒しグッズに

【社会活動2-1】
<2回シリーズ>

こんにちは、河合工務店です。


[1.jpg

現場で出た無垢材も、アイデア一つで有効活用。
仕事の合間に尖った端羽を、回転式の削り機で
きれいに丸める。手のひらに収まるサイズ。
握ると気持ち良く、なごむ。

この丸い端材を、なんと入浴剤に。
15個ほどを網に入れ、
「癒しの湯 香の桧」というラベルを付けたもの。
湯船に浮かべると、ふわりと木の香りに包まれ、
体の芯からリラックス。

「ライフデザイン」を学ぶ女子学生たちは、
丸い端材で、携帯ストラップを、
河合工務店の事務所で作成。
とってもかわいい仕上がりに。
木に無駄なし。


(文責/ライター上田隆)
by 河合工務店社会活動2021.10.29
前のページ  TOP  次のページ

Copyright © KAWAI-KOUMUTEN All Rights Reserved.