カーブ曲がり切れず、宙を舞う…そして、生還

【孝会長、モノ申す2】ハーレー珍道中記2
<2回シリーズ>

こんにちは、河合工務店です。



アメリカ南西部の荒野に伸びるルート66を、
現地レンタルしたハーレーにまたがりぶっ飛ばす
孝会長の旅は爽快だった。

「いつも130キロで走ってた。
道は広くて、車もまばらだからそれができる。
ハーレーは、やっぱりアメリカに
一番ふさわしいバイクだと思ったよ。
日本じゃ、ちょこっとエンジンをふかしゃぁ、
すぐに信号。あちらは、『永遠』にかと思えるほど
まっすぐだもの」。


しかし、その道には「深淵」もあった。
スタートから2日目、事故ってしまう。


「あれにはまいったね。なんか魔がさしたというか。
ちょうど雨が降っててさ。
いつもの速度で、けっして飛ばしてたわけじゃない。
まっすぐな道に、緩やかな上りの左カープがきた。
だけど、なんか金縛りにあったというか、
曲がれない…。

そのまま道の外に2、3メートル放り出されて、
ど〜んと下に落ちたわけよ。
落ちたところが、たまたますごく柔らかな
砂地だった。普通、岩があったりするのに…」。


仲間が慌ててかけつけ、おいかぶさったバイクを
起こして、孝会長を救出。
意識もはっきりしていて、手足も動くので、
その日は、次の宿泊先までみんなとツーリング。
以降、バイクの旅からは1人抜け、ホテルで療養。
5日後、仲間と合流して帰国した。

oCN2.jpg
<赤い大地にまっすぐのびる「ルート66」>


自宅に帰って、2日間、寝ても咳が出て、
寝返りすればとても体が痛む。

家族に事故を起こしたことを
別に言うわけでもなく、お茶を飲んでると、
「あんた、その手、どうしたの?!」と、
妻の春子さんが驚く。
見れば、孝会長の手は紫色になって腫れていた。

翌日の午後、病院に行ったら、
肋骨が4本折れていて、
指も骨折と判明。医者があきれた。


「痛ぇわけだよね、考えてみれば。
帰りの飛行機内の9時間も、つらかったはずだよ。
打ち身だと思ってたから、たいしたこたぁないと。
…入院? そんなのしないよ。
ギブスで治すしかないから。

まあ、そんなでね、
みんなにもえらい迷惑かけちゃったし。
現地で病院に行ったら、
もっとすごい騒ぎになってたろうなぁ…」。


身を持って知ったことがもう一つ。
「アライヘルメットをしてたのが良かった。
結構高いんだけど、それをかぶってたから、
頭は別になんともなかったし」。


(文責/ライター上田隆)


孝会長、アメリカの大地を、ハーレーで走る

【孝会長、モノ申す2】ハーレー珍道中記1
<2回シリーズ>

こんにちは、河合工務店です。


巨大な岩山の壁が突き立つ赤い大地。
2億7000万年かけてつくられた風景の中を、
ハーレーダビットソンのエンジン音が、
きっと轟いているのだろう。
ルート66を走る、その7台のバイクの
前から2番目にまたがるのが河合孝会長…。

クラブ・ハーレー主催の
2017年アメリカツーリングを取材した
雑誌『CLUB HARLEY』特集記事の一隅に、
長年ハーレーをこよなく愛する
その人が写っていた。

oCN1.jpg
<『CLUB HARLEY』2017年11月号(竢o版)
表紙>


このイベント参加の動機を聞くと
「いゃぁ、なりゆきなんだけどね」
と語る孝会長。

ピースボード世界一周の船旅で知り合い、
以後家族ぐるみで付き合っている女性の友だちが、
ハーレー乗りだったことが、きっかけだった。

「その人は、『66歳になったことを記念して、
あのルート66を走りたい』って言うのよ。
じゃ、俺も行こうかなと。
一人じゃ行く気になんないけどね。
それですぐに7人の仲間が集まった。
当時、俺は76歳で、最長老でね」。

実は、その前に、孝会長は、
その女性と同年の友人、さらに春子夫人とともに、
九州と北海道を一周するハーレーの
旅を敢行していた。
予行演習はしていたことになる。


「ところで、その彼女はすごくて、
ハーレーに乗り出したのは、なんと60歳からなの。
たまたまハーレーショップでバイクを見るなり
惚れ込んで、『これください』って。
バイクの免許もないのに。それから教習所に行って、
大型自動二輪の免許をとっちゃった!
でも、いまだに、自転車が怖くて
乗れねぇって言うんだから…」と、
声を上げて笑う孝会長。


面白い人は、やはり面白い人を引き付ける。


(文責/ライター上田隆)

広葉樹でできたオリジナルのスマホスタンド

【孝会長、モノ申す1】

こんにちは、河合工務店です。

スマホの置き所、ちょっと悩みませんか?
机の上に置いておくと、知らぬ間に書類に埋もれて「どこだ?」。
枕元に置いたら、寝ぼけて踏んづけ、「あら、いやだ」。
そんなあなたにおススメなのが、孝会長が自ら製作した木のスマートフォンスタンド。

IMG_6904.JPG

大きさは14p×11p、厚さ1.5p。くぼみに差すと、やや斜めに立ち上がり、
取りやすい。スタンドが、スマホの周囲に空間をつくり、何かに覆われることもなく、
その位置を誇示してくれます。

使用する木は、ナラ、クリ、サクラ、ケヤキ、ブナ、カエデなど。
食用オリーブオイルを塗り、しっとりとした光沢に。

大工でもある孝会長は、製材機を自在に操り、
目分量で次々正確な形をつくり出します。
現在、100個ほど在庫あり。

「先日、リフォーム新聞を読んでいると
、国別での木の愛着度を調べたアンケートがあったよ。
一位がフィンランドで、次にオーストラリア、カナダが続く。
なんと日本はビリだった!
つくづく日本人に、本物の木の良さを分かってほしいと思ったね。
こんなスマホのスタンドからでも、それが伝えられれば」と、孝会長。

ほかにも、板のみの木皿。ちなみに、パックのサーモン寿司を置いたら、
高級に見え美味しそうに。
同じ木切れに横一線溝を引いた「写真立て」、
中央に円形の丸をくりぬいた「花立て」もある。
花立ては「プラスチックいやだ」と、底の平らな試験管を探しました。
ネットで検索したのは、社長夫人の杏奈さん。
そして、壁紙の和紙に柿渋を塗ってつくったオシャレな名刺入れ。
これらはみんな、河合工務店オリジナルグッズです。

IMG_6845 (2).JPG

ところで、孝会長、どこか表情がさえない。
「まさかのコロナで、『しまった!』と思ったよ。
80歳を目前に車の免許を、自分から返上したことを悔やんでね。
なにしろ外を、好きなバイクで走る機会も失ってしまって気分転換ができない。
思えば19歳から乗り始めて60年間、無事故。
私の安全運転ぶりを感動したお客さんが、新築の契約を決心したほど。
でも、引き際が大事。
すっぱり身を引き『男の花道を飾る』が、私の美学なんでね…」。
それで、木を黙々と削り、作業に没頭する日々が続いているようです。

もし、このブログを見て、河合工務店オリジナルグッズをお求めの方は、
ぜひご連絡ください。
無料でご提供いたします。

(文責/上田隆)

前のページ  TOP  次のページ

Copyright © KAWAI-KOUMUTEN All Rights Reserved.