鳥の声、風の音に耳を澄まし、自然とともに生きる家

【建主訪問1】杉並の塔の見える家4 
<4回シリーズ>

こんにちは、河合工務店です。


会話が途切れてNさんは
「冷たい飲み物はいかが?」と席を立つ。
静けさが、場を覆う。
窓から、陽射しを浴びる庭の緑が揺れて心安らぐ。
都心にある住宅街とは思えない。

「この家の空気、きれいでしょ。
匂いに敏感になるんです。
花やコーヒーのいい香りなど…。
反面、お客さんが来られたとき、
服に染み込んだ洗剤の品名も分かってしまう」
と話すNさん、
七宝作家らしく、鋭敏な感性で自然の移ろいを
家の中で感じ取っている。
「音楽は好きですよ。
でも聴きながら、何かするのはだめ。
鳥の声、風の音、葉擦れの音の、
一瞬一瞬を聞き逃すようで、もったいないからです」。

4-1.jpg
<Nさんの手がける七宝作品>


今も続くコロナ禍の生活で思うことは。

「出かけることが少なくなりました。
ここで静かに本など読んでいると、
こんなに幸せにしてていいのかなぁと。
家にいることは、ストレスにならない。
それは本当に感謝しています。
家に関しては後悔することは一切ありません。
もし、同じ土地で、もう一回つくることなれば、
同じつくりにするでしょう」。

これから家づくりする人に、
アドバイスするなら。
「一ぺんに全部つくり込むのではなく、住んでみて
『こうしたい、ああしたい』と思ったことを、
少しずつやってみてもいいかも。
とくに家回りなどは」。

昨年、Nさんは、庭師を入れて、庭を少し整えた。
木にかけた小屋に、野生の鳥が住まい、
下につくったささやかな小池に、その鳥が水遊び
するという。

4-2y.jpg
<庭につくった小池。時々、鳥が遊ぶ>

4-3y.JPG
<手入れした庭の様子/ Nさん撮影>

(文責/ライター上田隆)

by 河合工務店建主訪問2021.08.20

桜文鳥がさえずる「仕事場」兼「ギャラリー」の2階和室

【建主訪問1】杉並の塔の見える家3 
<4回シリーズ>

こんにちは、河合工務店です。


「夫は、2階の和室で、
『文豪』のように仕事してます」と、Nさんは笑う。


実際にその様子を覗くと、ご主人は、
畳の上に設置した簡易テーブルにつき、
パソコン画面の向こうの社員と、
打ち合わせをされていた。短パン姿でラフな服装。
エアコンも効いて快適だ。

その横には、木の椅子に乗せられた籠があり、
桜文鳥が「ひよひよ」とさえずっていた。
1階まで聞こえていた美声である。

ライターとしても、「うらやましい仕事空間だなぁ」と、
つい思ってしまう。

ここ2階和室は、Nさんにとって「小鳥の間」。
こだわったのは、2室中央の透かし彫り欄間である。
1年かけて、名古屋の職人を探し出し、
しなう竹の合間を小鳥が飛ぶ図を、
伊勢神宮の御神木に彫り上げてもらった。

3-1.jpg
<2階和室。「小鳥の間>


床の間は、まさに「純床の間」。
床は松(奈良)、床柱は天然シボリ丸太杉(栃木)、
幕板は屋久杉を使った。
今そこには、Nさんの友人が描いた
桜文鳥の絵が掛軸で飾られている。

3-2.jpg
<床の間に飾られたNさんの友人の絵>


「住むところがあればいい、
というのも一理ありますが、
それこそ人はパンだけでは生きていけないもの。
文化・芸術・教育に手間暇かけないと
心豊かに暮らせません。
それは、すごく感じています。
結局、最後は自分の内なるものが
大切になってきますから」。


2階和室はもちろん、この家全体が、
Nさんご夫婦の「作品」なのかもしれない。

3-3.jpg
<庭で孵った四十雀の親子/Nさん撮影>


(文責/ライター上田隆)

by 河合工務店建主訪問2021.08.17

木の家の経年変化を味わいながら、丁寧に住む

【建主訪問1】杉並の塔の見える家2 
<4回シリーズ>

こんにちは、河合工務店です。


エアコン工事中のため、
1階居間の中央に置かれていた大テーブルは、
アイランドキッチンに横付けされていた。
ケヤキ材の、120年モノの蔵の戸で作ったもので、
堂々たる風格はそのまま。

2.jpg
<古材のテーブルも美しい木の空間、
1階居間&キッチン。2012年当時の風景>


それ以外、室内は
「9年前と同じで、すっきりキレイですね」と
感想を述べると、Nさんは、
経年変化したところがあると話す。

天井を見上げ、
「杉板なんですけど、以前は、
赤身と白身があったんです。
でも、色が同じ飴色になり、
落ち着いてきましたね」。


床も艶やかだ。
「普段は、掃除機をかけるぐらい。
ただ、年に1、2回、蜜蝋ワックスを塗りこみます。
新築のときに、河合さんに教えてもらいました。
夫婦ともにタバコは吸わないので、ヤニも出ません。
大掃除は、クモの巣を払うぐらいかな。
お手入れが、ラクなんです。
…(部屋を改めて見まわし)時間が経って、
傷むんじゃなくて、味が出る。
木の家って、よくそう言いますが、
本当にそんな感じがします」。


それでも稔社長は、
Nさんが、この家をとても大事に
管理していることに驚く。
「築14年も経て、浴室の天井が、
少ししかカビていないのがすごいですね。
いつも窓を開けて、
風遠しをよくされているからでしょう。
1階玄関と居間の境にある引き戸の両面に、
各々障子を貼っています。
中は、断熱効果がある空気の層に。
それがいまだに破れてないとは。
よほど丁寧に使われている!」。

(文責/ライター上田隆)


by 河合工務店建主訪問2021.08.13

コロナ禍のため、築14年で初めてエアコン設置の工事

【建主訪問1】杉並の塔の見える家1 
<4回シリーズ>

こんにちは、河合工務店です。


小鳥のさえずりが聞こえ、
爽やかな微風を感じる1階居間。涼しい…。
6月下旬の午前中だが、外はうだる暑さなのに。

ここ、「杉並の塔の見える家」のN邸を訪れたのは、
9年ぶりである。明治時代の洋館風の塔屋も健在である。

当時、河合工務店冊子の作成のため、
一番最初に話をうかがったのが同邸のNさんだった。
多くのお客さんが、
この人の愛情深く住まう素敵な家を見学して、
河合工務店の家づくりを決断された。

1-1.jpg
<塔屋を乗せたN邸の外観>


今、エアコン工事をされているとのこと。
「築14年で初めての大工事です」と、
Nさんは感慨深く話す。
「コロナ禍で、夫が会社に出られなくなり、
2階和室で仕事をするように。
パソコンでのウェブ会議の声がもれるので、
窓を閉め切って、この家唯一のエアコンを使います。
私は、夫に、自分の作業場だったその部屋を譲って、
1階居間にいることが多くなりました。
やはりここも音がもれるので
窓を閉め切らなければならなくなり、
エアコンが必要に。本当に、いらなかったんです。
まさか、こんな事態になるとは…」。

工事中で窓を開け放っているから、
普段の澄んだ空気に満ちている。

「冬は、栗材の床の、板と板の間に、
50円玉が横に入るほどの隙間ができます。
それが夏になるとピタリとくっつく。
室内の湿気を木が吸ってくれるわけです。
だから、本当に気持ちいい。
空気清浄機ではつくれない空気の質なんです」。

まさに、家は、呼吸している…。

1-2.jpg
<新しく設置したエアコン/Nさん撮影>

(文責/ライター上田隆)


※掲載のイラストは、
冊子『みんなに優しい気遣いの家を』(2012年作成)
から抜粋したもの。以下2〜4回のものも同じ。


by 河合工務店建主訪問2021.08.10
前のページ  TOP  次のページ

Copyright © KAWAI-KOUMUTEN All Rights Reserved.