ライター上田隆が、河合工務店の魅力をお伝えする

こんにちは、河合工務店です。

この号から、私、ライターの上田隆が、文をつづることになりました。
稔社長から、河合工務店の魅力を、日々のブログで伝えてほしいと依頼され、
二つ返事で快諾。今後、週に2回ほどのペースで記事をアップしてまいります。

0601-1.jpg

河合工務店との出会いは、10年以上にさかのぼります。
以前勤めていた建築関連の雑誌での仕事で、同工務店が企画する
伐採バスツアーの取材がきっかけでした。
ツアーは、所有する羽黒の山を見学し、日本の山、林業の現状を知ろうというもの。
当時の河合孝社長にお会いして、その考えにたちまち惹かれます。
熱帯雨林の破壊の元凶である外材や、化学物質まみれの建材を一切使わず、
国産材で伝統構法の家をつくるという。
地球、森、まち、そして住み手はもちろん、つくり手を大事にするという理念に、
一工務店らしからぬスケールの大きさを感じ、とても痛快に思いました。

会社を退社して、ライターとして独立後、河合工務店のイラスト冊子を、
1年かけてつくる貴重な機会を得ました。
その家々を取材で訪問すると、木の空間は心地良く、
気持ち豊かに暮らす建て主さんがおられ、
改めて同工務店の仕事に魅了。

2012年4月、目黒雅叙園にて開催しれた「三十周年感謝の集い」にて、
会社は二代目孝社長から、ご子息である三代目稔社長に託されました。
その現場にも立ち会い記録もしたので、
私は河合工務店の歴史の転換点にも立ち会っています。

さて、これからどんな記事にしていくか。
おおよそのプランは稔社長と話しましたが、まず現場にたくさん訪れたいと思います。
新たなさまざまな出会いがあるだろうと期待し、徒然なるままに書き進めればと。
密かな野望もあります。
このブログは一工務店の「広報」ですが、
「日本における最良の住宅文化とは何だろうか」、
そんなことを探求するルポルタージュを目指しています。

では、河合工務店への「旅」に、みなさん、ご一緒に。
                              
(文責/ライター・上田隆)

0601-2.jpg
by 河合工務店はじめに2021.06.01
前のページ  TOP  次のページ

Copyright © KAWAI-KOUMUTEN All Rights Reserved.