家が壊されたゴミはどこに行くの?

こんにちは、河合工務店です。
  
今回は私たち工務店が決して無視できない問題についてお話したいと思います。
それは「家が壊されたゴミはどこにいくのか」ということ。
私たちは建て替えやリフォームを請け負っております。
その時に絶対に出てしまうのが、『ゴミ問題』。
ベニヤ素材、ビニルクロス、プラスチック材…とても多くのゴミが出ます。
もちろんリサイクルができるものは再利用します。
でも、圧倒的に多いものは『再利用できないゴミ』。
一体それらはどのように処理されるのでしょうか。
 
私たちがよく解体処分をお願いしている都内の産業廃棄物処理会社では、現場で集めたゴミを群馬県まで運び、リサイクルできるもの・できないものを振り分けます。
リサイクルできない廃棄物はそこからさらに秋田県まで運ばれ、山中にある埋め立て処分場(管理型最終処分場)へ辿り着きます。
処分場にはユニットバス、人造大理石で作られたキッチンカウンター、合成樹脂などで作られたキャビネット、ビニルクロス、クッションフロアーなどのゴミが、山のように積まれています。

3-1t゙N゙.JPG
埋め立て前の造成地

3-2t゙N゙.JPG
谷が平らになりつつある

3-3t゙N゙.JPG
ゴミの高台

このゴミには様々な種類の接着剤や難燃剤、抗菌剤、目地を埋めるためのコーキング材が付着したまま埋められています。
有機溶剤を含んだものが多く揮発するため、土壌を汚染するだけでなく、大気も汚すことになります。

そして木材。
「木は燃料としてリサイクルできる」と思うかもしれませんが、それは何も処理をしていない無垢の木に限定されます。
シロアリ駆除剤や木材防腐剤などを塗りこまれた建築の廃木材や、接着剤を多量に使っているベニヤや集成材は、燃やすことで非常に危険な危険物質が発生する恐れがあります。
しかし今はそれらも工場用の燃料として木材チップへと姿を変えています。

東京のゴミが秋田へ運ばれて、環境汚染の原因になっている。
そしてこれは私たちの子どもや孫が生きていく世界をどんどん汚していることになるのです。
そう考えると胸が痛くなって、居てもたってもいられません。

だからこそ私たち河合工務店では、自然素材を使った家づくりに取り組んでいます。
人にも地球にも優しい家で暮らしていきましょう。
by 河合工務店現場から2020.06.11

大工道具シリーズ〜墨つぼ〜

01.jpg
こんにちは。今回は大工道具の墨つぼの紹介です。
材木に直線をひいたり、建築現場で基準墨となる地墨や腰墨を引くために使われています。

03.jpg

壺に墨を含んだ綿が入っていて、糸車に巻き取られている糸を張って、糸の先についたピンを材木に刺し糸をはじくと、材木上に直線がひけます。
建設途中の梁や柱など、材木の間が離れているところでも、
この道具を使用することにより正確に直線をひくことができます。
綿に水を多めに墨汁を少なめに調整しながら、注入して乾燥を防ぎます。

日本では、法隆寺の時にはすでに使われていたとされています。
その頃から大工さんの間でずっと使われている伝統的な道具です。

sumi3.jpg
最近ではは墨の変わりにチョークの粉を使うチョークラインや、
このように現代風な墨つぼが多く使われているそうですが、
味わい深い旧デザインタイプの墨つぼも後生にも残ってほしいものですね。
by 河合工務店現場から2016.06.03

幼児園の上棟を行いました。

こんにちは。
昨日は幼児園の上棟をしました。

01.jpg

02.jpg

03.jpg
天候にも恵まれ記念すべき1日になりました。
平屋+部分的に2階がある幼児園でとてもいい感じで完成が楽しみです。

この後はお施主さんと皆で上棟式も行いました。

04.jpg

上棟式の後はにぎやかな親睦会となりました。
皆様ありがとうございました。
by 河合工務店現場から2016.04.16

大工道具シリーズ〜図板〜

map.jpg

up.jpg

こちらは大工さんのみが使う特殊な図面、図板といいます。
単位は尺で、
横軸を(いろはに…)縦軸を(一二三四…)と、升目を作ります。
それに柱を入れ、梁でつないでいきます。

プレカットが主流の現代ではなかなか見られなくなりましたが、
手刻みの現場では今でも使われています。

味のある道具がこの先も残っていってほしいものですね。
by 河合工務店現場から2016.03.15

モイス

こんにちは。
蒸し暑い日々が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

今回は調湿性にも優れた大震壁「モイス」のご紹介です。

moiss.jpg
モイスとは、ケイ酸質、石灰質材料、補強繊維、バーミキュライト等の天然素材を
主成分に構成された、新しい素材です。

耐震性、防火性に優れており、煙や有害物質は一切出しません。
それどころか、他の物質からの有害物質(ホルムアルデヒド)を吸着・固定してくれます。
また、建物の解体後も土に戻せる環境にやさしく素材なのです。

河合工務店では日々お客様に提供できる安全で新しい素材を探求し続けています。
リフォーム、リノベーション、新築から、お住まいの困ったことなどがありましたら、
お気軽にお問い合わせください。


by 河合工務店現場から2015.07.16
前のページ  TOP  次のページ

Copyright © KAWAI-KOUMUTEN All Rights Reserved.