誇り高き精神を継ぐ

【初代のこと2】
<2回シリーズ>

こんにちは、河合工務店です。


2.jpg

河合孝会長の義兄・村上正明さんは語る。

「初代は、自分が建てた家を
よく訪問していました。
『地域から信頼されての仕事』という精神は、
河合工務店の核です。
これを絶対忘れてはいけない。

また初代は、職人としてのプライドが
高い人でした。
一緒に街を歩いて家々を見ると、
よく『しょうがねぇなあ』と、苦笑い。
近頃の大工の仕事が気に入らないんです。
超一流の大工でした」。


見守り続けた会長についても
感慨を込めて言う。

「孝が、エコの方面に舵を切った際は
心配していましたが、実を結んだようです。
彼は初代の真心を受け継ぎ、
よく頑張りました」。


(文責/ライター上田隆)
by 河合工務店初代のこと2021.10.19

一徹で粋な、本物の大工

【初代のこと1】
<2回シリーズ>

こんにちは、河合工務店です。


1.jpg

モノクロに描いた初代・河合丈夫さんの姿と
セリフは、河合工務店のチラシから引用。
その制作者で元広告マンの村上正明さんは、
河合工孝会長の義兄にあたる。
2005年96歳に他界した初代について
孝会長に聞いた。

「明治生まれの頑固者で真面目。
仕事では自分の気に入るまで時間をかけるので
採算が合わず、生活は大変だったそうです。
反面、オシャレで遊び心がありました。
だから初代がつくる木の家は
気品がありました。
日本文化の美しさを理解していたのです。
仕草にも風格があり、写真はいつも
心にくいほど絵になってしまう」。


(文責/ライター上田隆)
by 河合工務店初代のこと2021.10.15
前のページ  TOP  次のページ

Copyright © KAWAI-KOUMUTEN All Rights Reserved.