工務店の社長が建てた家 〜子ども部屋編〜

こんにちは、河合工務店です。

家づくりのプロである工務店の社長は、家にどのようなデザインや機能を取り入れて生活しているのか、気になるところですよね。

そこで代表の河合稔が、自邸を建てたときにこだわったポイントや取り入れてよかったと思う機能をご紹介したいと思います。

今回は子ども部屋編です。
皆様の家づくりのご参考になれば幸いです。

まず私たちが購入した土地は、決して大きな敷地面積というわけではありませんでした。
子ども部屋は大きくなくていいよね、と当初から家族会議で決定していました。
そして法律の都合上、北側斜線があるため、3Fの部屋の角は斜めになってしまいます。

8-1t゙N゙.jpg

子ども部屋の位置は早々にその部屋に決まりました。
スペースは狭いですが天井が高いため、圧迫感はありません。
斜線になっている天井は子どもにとっては秘密基地のようで、かえってワクワクする空間になるかと思ったのも理由のひとつです。
その特性を活かして、勾配屋根で天井が低くなっている部分は、子ども部屋から続く物置き場として活用しています。

8-2t゙N゙.jpg

その他にも第二子が誕生した時のことも考え、現在寝室として使っている部屋は、いつでも間仕切りができるような設計にしてあります。木造住宅の場合はいかようにも間仕切りがとれるというメリットがあります。
「家族がくらしやすい家」は、その時々によって変化します。
いつでも柔軟に対応できる設計が大事だと思っています。

家族が増えたらどうするか。
子どもが独立したらどうするか。

家は5年、10年を目安に、その時々の家族にとって暮らしやすい家の形を見直すのもいいかもしれませんね。

家族の「今」を大切にした家づくりにこだわった社長のマイホーム。
次回は寝室編をご紹介いたします。

どうぞお楽しみに!
by 河合工務店施工事例2020.06.30

どうして河合工務店にしたの?お客様の決め手とは 〜N様〜

こんにちは、河合工務店です。

今回は河合工務店にご依頼いただいたお客様の声をご紹介します。
河合工務店を選ばれた理由、実際に家を建てた後の感想等を伺いました。
工務店選びにお悩みの方は、どうぞご覧ください。

5-1t゙N゙.jpg

■河合工務店で家を建てると決めたきっかけ
「本物の自然素材の家にしか、自分たちは住めない。」
私たちの希望する家は、国産の無垢材を伝統的な技を持つ職人さんに建ててもらう住宅です。
そんな私たちでしたので工務店選びは難航しました。
幸いにも河合社長に巡り合うことができ、河合工務店がこれまでやってきた家づくりについて丁寧に教えていただき、施工をお任せするならここしかないと思いました。

5-2t゙N゙.jpg

■河合工務店に惹かれたきっかけ
外観は漆喰や土壁、屋根は瓦、軒や庇は出来るだけ深く、二間続きの和室に欄間と床の間を造りたいと思っていました。
そして、明治時代に日本の棟梁が建てた洋館建築が好きだったので、その雰囲気のある塔屋が是非とも欲しかったのです。
しかし、なかなか塔屋を設計してくれる方が見つからずに困っていた時、図書館で手にした本に、塔をつけた素敵な家を設計している方を見つけました。
その方、辻垣正彦さんは、パプアニューギニアとソロモン諸島の森を守る会(NPO法人)の会長でもあり、幸運なことにそのNPOの会員である河合社長さんと旧知の仲だったのです。

5-3t゙N゙.jpg

■河合工務店を選んでよかったこと
河合工務店の職人さんたちは、いつも同じ顔ぶれなので、互いの息がピッタリ合い、無駄なくていねいに仕事をしてくださいます。
特に、墨付け・刻みなど木工事の主要部分を担当し、また、多くの職人さん、業者さんを束ねる大工の棟梁は、家づくりの要です。
私たちが満足のいく家づくりができたのも、棟梁さんのお陰と、心から感謝しています。
現場(工務店、設計者、職人さん)と施主の間には、口に出さずとも通じるものが生まれてくる、うちの現場はそんな恵まれた雰囲気の中で家づくりが進んでいきました。

出来上がった家を見て、設計中の詳細は知らない母が言った一言、
「この家は、気持ちの家だね」

河合工務店さんの家づくりは、この一言に尽きると思います。
by 河合工務店施工事例2020.06.18

工務店の社長が建てた家〜キッチン編〜

こんにちは、河合工務店です。

家づくりのプロである工務店の社長は、家にどのようなデザインや機能を取り入れて生活しているのか、気になるところですよね。
そこで代表の河合稔が、自邸を建てたときにこだわったポイントや取り入れてよかったと思う機能をご紹介したいと思います。

今回はキッチン編です。
皆様の家づくりのご参考になれば幸いです。

今現在我が家には、小さな子どもがいるため、目が離せないという理由から
「対面式のキッチン」にしました。 
キッチンで料理をしながらでも子供の様子を見ることができるのはとても便利ですし、何よりも安心できます。

1-1t゙N゙.jpg

しかしながら対面式のキッチンの場合、課題がひとつあります。
それは収納をどうするか、という問題。
そこでキッチンの後ろにはパントリーをつくりました。
食料品の備蓄はもちろんのこと、大きな調理器具もパントリーにまとめて収納できるので、使い勝手がいいと好評です。

1-2t゙N゙.jpg

そしてキッチン本体は『タカラスタンダード ホーロー製キッチン』を選びました。
換気扇フードや壁面、引き出しなど、汚れがちな部分がホーローでできているため、お手入れがとってもラクなんです。
なんと言っても樹脂やアクリルと違って、傷がつきにくく劣化しないという点が優れていると思います。
そして処分するときは、溶かせば鉄になる、ということもポイント。
リサイクルできる素材は地球環境に優しく、次世代のためにもなります。
これは河合工務店が大切にしている想いでもあります。

1-3t゙N゙.jpg

実用性をしっかり考慮した、河合工務店のポリシーがたっぷり詰まったキッチンに仕上がりました。
「自然素材を使った家だから、とことん住み心地にこだわりたい」という社長の想いが伝わってくる家づくり。
次回は子ども部屋編をご紹介いたします。

どうぞお楽しみに!
by 河合工務店施工事例2020.06.04

【施工事例A】アンティークの和家具に囲まれて暮らす家

こんにちは、河合工務店です。

今回は河合工務店が実際に施工した家を、設計士さんの視点からご紹介します。
河合工務店の家づくりに対する想いが皆様にお伝えすることができれば幸いです。
ぜひご一読ください。

4-1t゙N゙.jpg

【お客様の想い】
野趣のある無垢の木が好きで、アンティークの和家具に囲まれて暮らすライフスタイルに合うような家がいいとご希望をいただいていました。

【そのこだわりをどのように実現したか】
構造面では、4寸柱や梁を見せる「真壁」の構造にしました。
絞り丸太や曲がった梁をアクセントに。
着色はせず、無垢材の肌触りを生かした天然ワックス仕上げとしました。

4-2t゙N゙.jpg

意匠面では、手摺を木の耳を残した厚板をランダムに並べ、間接照明を無垢材でつくりました。
室内の引き戸や欄間に以前の家で使っていた様々な柄の型ガラスを再利用。
レトロなガラスにあった木の格子をつけたデザインの引き戸や、トイレの手洗いに国産のレトロなモザイクタイルを使用して、アンティークの和家具とマッチする雰囲気に仕上げています。

照明器具も以前の家で気に入っていたものを再利用するとともに、明るさを補うため適所にダウンライトを設置。
新しい照明器具も小規模でレトロなデザインをしている小さなメーカーのエジソンタイプのLEDランプを選びました。

4-3t゙N゙.jpg

間取りは手持ちのアンティーク和家具がリビングに収まるように計画。
無垢の玄関引き戸は、国産のアイアン引手で古くなるほどに味わいが出るようにしました。
バルコニーも既製品と無垢材を組み合わせて、時間とともに味わいが感じられるように工夫を施しました。

4-4t゙N゙.jpg

このように設計士が熟慮して皆様の理想の家を実現します。
どんなご希望もまずはお気軽にお話してくださいね。

(担当設計士:レインファーム一級建築士事務所 伊藤 有吉子)
by 河合工務店施工事例2020.05.14

木の風合いはそのままに、アイアン素材でアクセントを!

こんにちは、河合工務店です。

お施主様から「木と相性のいい素材は何ですか?」とお問い合わせをいただくことがあります。
せっかく自然素材をふんだんに使った家に住むのだからと、家に置く小物にもこだわりたくなることかと思います。

そんな時に人気の素材の一つがアイアン(鉄)になります。
意外と思われるかもしれませんが、木の持つ風合いとアイアン素材はとっても相性がいいんです!
照明、ドアノブ、階段など、ちょっとしたところにアイアン素材を取り入れると、引き締まってスタイリッシュに見えます。

3-1t゙N゙.jpg

玄関灯にアイアン素材を使って、おしゃれに。
作家さんが作ったものだと、表情があってとても趣がある雰囲気に仕上がります。

3-2t゙N゙.jpg

部屋の中のペンダントライトにも、アイアン素材はベストマッチ。
このペンダントライトがあるだけで、一気に和モダンな空間に。

3-3t゙N゙.JPG

階段はアイアン素材を取り入れやすい場所。
メリハリがついてスタイリッシュな部屋が完成します。

3-4t゙N゙.jpg

玄関のドアノブをアイアン素材にするだけで、一気にこなれた表情に。
扉を開けるのが楽しみになりますね。

3-5t゙N゙.jpg

変形しやすいアイアンの特性を活かして、アート作品のような仕切りに。

このように木とアイアンはとても相性がいい組み合わせです。

また、アイアンは自然に還る素材ですし、経年による風合いを楽しむことができ、50年後にはアンティーク商品としてまた違う方に受け継がれ、その後も親しみ使われることもあります。

インテリアに迷ったら、是非アイアン素材を取り入れてみてください。
迷った時はもちろんアドバイスいたしますので、どうぞお気軽にご相談ください。
by 河合工務店施工事例2020.05.12
前のページ  TOP  次のページ

Copyright © KAWAI-KOUMUTEN All Rights Reserved.