家と健康に対する考え方A

こんにちは、河合工務店です。

私たち人間は呼吸をして酸素を体内に取り入れなければ生きていけません。
成人が1日に呼吸して体内に取り入れる空気は約14,400リットルとも言われています。
食べ物や着るものであれば、食べない、着ない、と自分の意思で選択することができますが、空気はそうはいきません。
生活環境によって、有害物質とされている様々な成分を否応なしに吸い込んでしまっているのです。

2-1t゙N゙.jpg

そこで考えたいのが、家の空気。
新築の家は建材(合板やビニールクロスなどの家の素材)をはじめ、防カビ剤、接着剤、シロアリ駆除剤の様な多くの化学物質が使われていて、家の空気に溶け込んでいます。
化学建材を多用している家に住んでいるだけで、知らずのうちに体内に有害物質を取り入れてしまっているのです。
このような家の中の空気は、外の数倍も汚染されていると言われることも。

家にいる時間の平均は、学生と有職者で約13時間、主婦で約19時間とされています。(2015年 国民生活時間調査|NHK放送文化研究所より)
1日の半分以上を過ごす家の中の空気を今一度考えてみることが必要なのではないでしょうか?

2-2t゙N゙.jpeg

3人にひとりはアレルギー。
有害化学物質による精子や生態系への異常。
豊かで便利な生活も良いけれど、衣・食・住から生活環境を見直すときが来ているのかも知れません。

河合工務店ではこれからも安心、安全、健康な家づくりには部屋の空気が何よりも大切と考え、衣食住全てに関わる影響を配慮した健康住宅・エコハウスにこだわって家づくりをしています。



by 河合工務店自然素材2020.03.10

家と健康に対する考え方@

こんにちは、河合工務店です。

1t゙N゙.jpg

近年、『健康志向ブーム』と言えるほど、健康維持に関心を持つ人が増えてきています。
特定保健用食品の市場は10年間で倍増し、フィットネスクラブの利用者は年を追うごとに増え、喫煙率は年々低下し、食べ物は農薬が使われていないかチェックを欠かさない。
これはひとつに『人生100年時代』と言われる背景にあるようです。
100歳まで生きた時、体の自由がきかなかったり、病気がちであったりすると、逆に長生きはリスクともなりかねません。
そのため「健康な状態で長生きすること」が重視され、今から健康維持に気を配る人が増えているようです。

健康意識が高まることはとても良いことだと思うのですが、運動や食などの生活習慣に気を遣う人は増えている一方で、住まいに関する意識がまだ周知されていないと感じています。

早く安く建てられる家に使われる合板や化学建材からは、有害物質が放出されます。
よく新築やリフォームを行ったばかりの家にいくと「新しい家の匂いがする」と感じたことがあるかと思います。
その多くは新建材やビニールクロスに使用される接着剤などから放出される有害物質の匂いだとされています。
家から放出される化学物質は『シックハウス症候群』を引き起こすと考えられ、現在の法令では24時間換気が義務づけられていますが、どんなに高気密性を謳っている家を建てたとしてもずっと換気し続けなければならないことに矛盾を感じてしまいます。

次回は河合工務店が考える、人がいつまでも健やかに暮らせる家とはどんなものなのか、詳しくお話します。

by 河合工務店自然素材2020.03.05

住まいの勉強会&水周り相談会のご案内

8-1t゙N゙.png

こんにちは、河合工務店です。

「憧れのマイホームを建てたい!」「そろそろ家をリフォームしたいな」と考えていても、何から着手するべきかと頭を悩ませてしまうことはありませんか?

どこかへ相談に行くとしても知識がないと判断することができないし、かといって自分で調べるのも時間がかかって中々進まない…。そして時間ばかりが過ぎてしまう…。

そんな時は勉強会で、プロから家づくりについて話を聞くことが一番早い解決策です!

河合工務店では3月7日、15日、21日に『住まいの勉強会&水周り相談会』を開催します。
家づくりの基礎(構造など)や、水周りトラブルについて詳しく学べる勉強会。
水周りに関してはリフォームを検討されている方のために、マンションの場合、戸建ての場合と二つの視点から解説していきます。
河合工務店だからこそできる、自然住宅と普通住宅の違いについてもお話したいと思っています。
皆様から気になっていることやわからないことを自由にご質問いただけるような時間もありますので、家づくりに興味のある方はどうぞお気軽にお越しください!

8-2t゙N゙.jpg

会場は河合工務店のモデルハウス。
このモデルハウスは実際に社長家族が4年住んでいる家なんです!
自然住宅ならではの味のある経年変化や空間を体験できる勉強会となっています。

『住まいの勉強会&水周り相談会』は事前予約制となっています。
メール、もしくはお電話にて承っておりますので、ご一報ください。
それでは皆様にお会いできるのを楽しみにしています!

※しつこい営業などはありませんので、是非お気軽にご参加頂けますと幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

________________________________________

『住まいの勉強会&水周り相談会』
<開催日>
3月 7日(土)【予約締切日3月2日】
3月15日(日)【予約締切日3月10日】
3月21日(土)【予約締切日3月16日】
時間:13:00〜15:00(両日)
場所:中野区 河合工務店モデルハウス(JR、大江戸線東中野駅より徒歩15分)
予約:03-3362-6492(平日9:00〜18:00)
   m-kawai@kawaikoumuten.jp
※ご予約の際は、@お名前Aお電話番号B参加人数Cご希望日時 をお知らせください。
※しつこい営業などは一切ございません。
※3日経っても返事がない場合は、お手数ですがお電話にてご連絡ください。
________________________________________

by 河合工務店イベント2020.02.27

完成見学会にお越しいただき、ありがとうございました!

こんにちは、河合工務店です。

1月24日、25日、26日に開催した、国産ヒノキをたっぷり使った家の完成見学会。
当日は多くの方にお越しいただき、本当にありがとうございました。
皆様とお会いすることができて、私たちスタッフもとても嬉しく、楽しいひとときを過ごすことができました。

「見学会に行きたかったけれど、行けなかった…」という方へ、お写真で今回の完成見学会の見どころをご紹介いたします。
どうぞご覧ください。

今回の完成見学会は、国産ヒノキをたっぷり使った2棟の家。
ご兄弟で同時にご注文いただくという、当社の中でも珍しいケースでした。
それぞれ自分好みのスタイルを追求した家づくり、ということで、私たちも腕が鳴りました。

■兄様邸
「野趣のある無垢の木が好きで、アンティークの和家具に囲まれて暮らすライフスタイルに憧れている」とのことでしたので、柱や梁を見せるデザインにしました。

昔から日本ではそうしていたように、あえて木部に塗装はせず、経年変化を楽しめる仕上がりとしました。和モダンなペンダントライトも、木材に囲まれていると表情がぐっと引き立ちます。

7-2t゙N゙.jpg

部屋の中心には存在感のある柱を。木そのものの温もりと安心感が生まれます。

7-3t゙N゙.jpg

脱衣所も国産ヒノキをたっぷり使って仕上げました。これだけで温泉のような雰囲気になりますよね。

7-4t゙N゙.jpg

トイレの手洗いスペースは水が跳ねやすい場所はタイルにして、染みなどの汚れを防止する工夫を施しました。タイルがアクセントになってデザイン性も生まれます。

■弟様邸
「体にいい素材を使いながら、すっきりとスタイリッシュな暮らし」をご希望でしたので、柱や梁などの木部を極力見せないデザインに。

7-5t゙N゙.jpg

国産ヒノキを使用した床は、思わず寝そべりたくなる空間。バージンパルプから生まれた天然の壁紙クロスの白色がヒノキの質感を引き立てます。

扉にもヒノキ材を使用。薄めの色の木材を使うことで、家がナチュラルモダンな雰囲気になりました。

7-7t゙N゙.jpg

木材や壁に塗る塗料は、石油由来ではない、環境に配慮した原料で作られたものを使用しています。

7-8t゙N゙.jpg

シンプルになりがちなパウダールームも、ヒノキの質感があると優しい空間になります。

このように国産ヒノキ材を使用した家でも、ご希望によって雰囲気をガラリと変えることができます。
家をつくるときは、どうぞ遠慮なくご希望をお話してくださいね。
私たち河合工務店スタッフが皆様のご希望を叶えるお手伝いをいたします。
by 河合工務店施工事例2020.02.25

どうして河合工務店にしたの?お客様の決め手とは 〜M様〜

こんにちは、河合工務店です。
今回は河合工務店にご依頼いただいたお客様の声をご紹介します。
河合工務店を選ばれた理由、実際に家を建てた後の感想等を伺いました。
工務店選びにお悩みの方は、どうぞご覧ください。

6-1t゙N゙.JPG

■河合工務店に惹かれたきっかけ
工務店選びに難航していたとき、工務店一覧表の中からランダムに、そしてあまり期待もせずにかたっぱしから電話を掛けていました。
そんな中で、電話の応対に商売っ気が全く感じられなかった河合工務店さんに、好感というより好奇心を持ち、現場見学会へ足を運んだのがきっかけです。

6-2t゙N゙.JPG

■河合工務店で家を建てると決めたきっかけ
技術はもちろんのこと、家づくりに対する姿勢や考え方がマッチしたからです。
現場見学にいくと、会長が素材や技法について丁寧に説明してくれるだけでなく、近年の建築物についての懸念、職人の技術の喪失についての憂い、そして地球環境問題への心配を語ってくれました。
工務店の選択も建築士の選択も、基本的な思想、スタンス、考え方の部分が合わないと、いくらテクニックが素晴らしくても希望はかなえられないと思い、河合工務店にお願いすることにしました。

6-3t゙N゙.JPG

■河合工務店を選んでよかったこと
着工してからも、河合さんが「いい材が入ったので予定と違うけど使っておいたよ」とか、「面白い材が入ったけどこれ使ってみる?」と提案してくれたり、私の身長が高いのに合わせて設計図の規格に拘わらず、その場の相談で鴨居の高さを変えてくれたりと、事前の設計を尺定規に考えずに臨機応変、柔軟に対応してくれました。
できあがるまでのプロセスを楽しむと同時に、自分の家になりつつあるという実感を深めていくことができて、とても嬉しかったです。

そして完成した家は希望通りの、美しく、落ち着いた暮らしが実現できる、まさに理想の家。クオリティの高さに加えて、建てるプロセスにおける河合さんや大工さんとのやりとり。二倍の満足です。
私が金持ちであったなら、何度でも繰り返し河合工務店に家づくりをお願いしたいくらいです(笑)




by 河合工務店その他2020.02.20

Copyright © KAWAI-KOUMUTEN All Rights Reserved.