【設計士が語る】自然素材の家って高い?

こんにちは、河合工務店です。
 
前回に引き続き、河合工務店の提携設計士と当社社長による
自然住宅対談の様子をお届けいたします。

自然素材の家は、どうしても高額に感じてしまう。そんな方も多いのではないでしょうか。
私たちが見積もりを作っていても、一般的な住宅に比べると、
やはり初期費用はかかるな、と感じます。
でも長い目で見ると、実は割安だった…というのが自然素材の家。
今回はそんなコストの面から自然素材の家を語ります。
是非ご一読ください。

4t゙N゙.jpeg

河合:
自然素材は高いと思われがちですが、メンテナンス費用が逆にかかりにくいと思っていますが、みなさんはどう思っていますか?

高岡:
自然素材はメンテナンスが大変だとか思われますが、新建材に比べると逆にメンテナンスしやすいかなと思っています。

伊藤:
自然素材の家は修理がしやすいところもポイントです。例えばカタログ商品だと年々入れ替わって、修理をしようと思っても今のものは既に取り扱いがなくなっていた…、とか、修理ではなくてユニットごと交換しなければならない…、ということがありますが、木であれば傷んだ部分だけを修理することができます。

河合:
外壁にしても、サイディングだと10年に1回は足場をかけてメンテナンスをしなければならないけど、塗り壁だと状況にもよりますが2〜30年は持つ。ということを考えても長期的な視点から考えれば、逆に費用はかからないということはありますよね。初期費用はかかるけれど、長い目で見るとコスト的には浮いてくる、というのはあると思います。

傷んだ部分だけを修理することができる。
これは自然住宅の大きなメリットです。
「余計な修理費用や維持費用もかからないため、結果的に割安になる。」
というのが私たち設計士が全員一致した考えです。
もちろん、余計なゴミを増やすこともありませんので、地球にも優しいです!

次回の自然住宅対談レポートも、どうぞお楽しみに!


【参加メンバー】
いちかわつくみ建築設計室 市川創己
高岡建築設計事務所 高岡正道
レインファーム一級建築士事務所 伊藤有吉子

モデレーター:河合工務店 河合稔

【設計士が語る】自然素材の家を建てる時の、意外な苦労とは?

こんにちは、河合工務店です。

前回に引き続き、河合工務店の提携設計士と当社社長による
自然住宅対談の様子をお届けいたします。

自然素材の家にこだわって家を建てている設計士同士だからこそわかる、
自然素材の家を建てる時に意外と苦労するポイントとは?
外観のような家本体に関することから、法律まで、色々と苦労があるようです。
是非ご一読ください。

3t゙N゙.jpeg

市川:
田舎だと景観に合わせて家をつくりやすい部分はありますが、区画整理がされて周囲に家があるような都会だと、逆に個性が出しにくい、という部分はありますね。

河合:
都会の方がやりにくい、ということはありますよね。

高岡:
家を建てる時には建築基準法に基づいてやらなければなりませんが、現行法だと自然住宅を建てるとなると、足枷になる法律がたくさんある。そこをどうやって設計していくか、結構難しいところがあります。

河合:
うちの自邸は防火地域のため、木を使うには難しい部分があるのですが、市川さんに玄関の入り口に防火シャッターをつけるなど、色々対策法を考えてもらいました。自然素材の家には、そういった対策の追求が必要不可欠なのではないかな〜と感じています。

高岡:
そう、色々変な気を使っちゃう(笑)

河合:
サッシひとつとってもそうですよね。どうしても規制がかかってしまって予定していたものが使えなかったり。そういうところを解決していくのが皆さんの腕の見せ所だと思っています。

高岡:
自然素材の家って、究極を言うと「最後は土に還る」という事だと思うんですけど、それって「腐る」というようなことの裏返しなんで、それをネガティブに捉えると「じゃあ腐らない木を入れましょう」となってしまう。でもそれだと自然素材の家ではなくなってしまう。

伊藤:
「腐る」という悩み相談を受けることはありますが、必ず直せるっていうメリットがあります。杉やヒノキは普遍的にあるものなので、いつでも修理は可能です。例えば白蟻被害にあっても、傷んだところは修復できる、これが自然素材の一番得意とするところだと思います。汚れも、劣化ではなくて風化だな〜と思います。

「土に還る」ということは「腐る」ということ。
当たり前のことですが、意外と見落としがちなポイントです。
腐ることをネガティブに捉えずに、それが当然である、そして腐っても修復ができる。
自然素材の家を建てたいという人に、きちんとお伝えしていきたいところだなと感じました。

次回の自然住宅対談レポートも、どうぞお楽しみに!


【参加メンバー】
いちかわつくみ建築設計室 市川創己
高岡建築設計事務所 高岡正道
レインファーム一級建築士事務所 伊藤有吉子

モデレーター:河合工務店 河合稔

【設計士が語る】自邸設計のこだわり 〜外観編〜

こんにちは、河合工務店です。

今回から、河合工務店の提携設計士と当社社長による、
自然住宅対談の様子をお届けいたします。

初めての対談の場所となったのは、いちかわつくみ建築設計室の市川邸。
神奈川県某所にある市川邸は、都心から1時間程度という立地にも関わらず、緑豊かな場所に佇む別荘風の家。
自邸を建てる時、設計士はどのようなところにこだわるのでしょうか。
是非ご一読ください。

2t゙N゙.JPG

市川:
子どもが小さかったので自然の中で育てたくて、色々探しました。土地を探しはじめて、目星をつけて、ここに迷わず一発で決めました(笑)。
土地や周囲の環境を見て、方向性はほとんど決まっていました。

河合:
どのような方向性ですか?

市川:
この風景をどのように活かすか、あとは土地の気候などを考えた設計かな、と。
まわりがだだっ広いから最初から大きな家を建てるつもりはなくて、平屋のイメージでした。
あとはこの集落に馴染むように。ここだと屋根型が大事だと思っていて、裏山とも調和するデザインにしました。

伊藤:
最初お家を見た時に2Fの窓を見て、茅葺屋根についている「はっぽう」みたいだな〜と思いました。昔からの暮らしに根付いたデザインですよね。

市川:
そうなんです、光を入れるために設置しました。

伊藤:
平屋風なんだけど2Fも確保していて、屋根のシルエットのバランスが綺麗ですよね。
どうしても家を建てる時は間取りに意識が向きがちですけど、このように景色の綺麗なところに家を建てる時は「自分も風景の一部になる」と考えるといいですよね。

河合:
奥様のご意見などは伺いましたか?

市川:
ほとんど聞きませんでした(笑)細かいところは聞きましたが、大枠は僕が決めて「こうなったよ」という事後報告です。

伝統的な技も取り入れながら建てた市川邸は、その土地に馴染みながらも、いい意味で目を惹かれる。
そんな魅力あふれる外観でした。
伊藤さんの設計士ならではの指摘には、参加メンバーは大きく頷くシーンでした。

次回の自然住宅対談レポートも、どうぞお楽しみに!


【参加メンバー】
いちかわつくみ建築設計室 市川創己
高岡建築設計事務所 高岡正道
レインファーム一級建築士事務所 伊藤有吉子

モデレーター:河合工務店 河合稔

【設計士が語る】自然住宅に目覚めたきっかけとは?

こんにちは、河合工務店です。

今回から、河合工務店の提携設計士と当社社長による、自然住宅対談の様子をお届けいたします。
自然住宅を作り続けているプロが考える、「自然住宅の在り方」とは?
是非ご一読ください。

1.JPG

【自然由来のものは治癒力を高めてくれる】
そう語るのは、レインファーム一級建築士事務所の伊藤さん。
「喘息持ちで生まれてきた私に、両親が『自然のものは治癒力高めてくれる』と、小さな頃から自然素材でつくられたものに囲まれて暮らす環境でした。だから私にとって自然住宅は身近なものですし、自然住宅に住む良さも実感しています。

【自然の中にいるのが、一番居心地がいい】
高岡建築設計事務所の高岡さんは、「人間は自然の一部」と語ります。
「生き物はすべて自然の一部です。それは人間だって同じこと。だから自然の中にいることが、一番居心地がいいのは当たり前のことなんです。自然住宅に目覚めたのは、それが一番の理由ですね(笑)。」
都会で暮らしていると、人は知らない間に気を張っているようです。
せめて家は、ほっと気を抜けるような居心地のいい住空間にしたいですね。

【究極は「土に還る」ということが魅力】
「実は自然住宅にそこまで興味はありませんでした(笑)。」と赤裸々に話してくれたのは、いちかわつくみ建築設計室の市川さん。
「もともと建築に憧れていました。大学へ進学して、森林破壊などの環境問題に向き合う様になって、徐々に自然住宅を意識するようになりました。自然住宅のいいところは、なんといっても土に還るところ。循環型住宅を叶えられるのは、自然住宅だと思っています。」

同じ自然住宅の設計士でも、それぞれ自然住宅に興味を持ったきっかけが違うところがおもしろいですね。
みなさんはどのようなきっかけで自然住宅に興味を持ちましたか?
機会があれば、ぜひお話ししましょう。

次回の自然住宅対談レポートも、どうぞお楽しみに!

【参加メンバー】
いちかわつくみ建築設計室 市川創己
高岡建築設計事務所 高岡正道
レインファーム一級建築士事務所 伊藤有吉子

モデレーター:河合工務店 河合稔

「伝統美」と「環境」を追求した家

【陶芸作品を引き立てる木目美しい自然木の棚】

8-1.jpg

筑前小石原焼の壺や皿がズラリ並ぶのは、リビングにある自然木のカウンターや棚。その材は、御山杉、ケヤキ、高野槙などの木目が美しい銘木で、建て主のH様により収集された陶芸作品を引き立てています。

H様が、お母様と住まう古いご自宅の建て直しを、私たちにご依頼されたのは、当社で新築された陶芸仲間のご友人の紹介から。美術作品に求められるよう細やかなご要望があり、基本プランから設計まで時間をかけ、綿密な打ち合わせを行いました。テーマは、渋谷区の住宅街という都心に「昔ながらの家を創る」こと。

8-3.jpg

日本の住文化が蓄積し、連綿と伝え洗練してきた「美」を、今に蘇らせるというプランを、大工が完全に施工し形にすることは、とても困難でしたが、やりがいがありました。

【「蔵」をイメージした外観と「木の展示場」の内観】
正面壁は漆喰仕上げで、心豊かな暮らしを思い起こさせる「蔵」をイメージ。屋根は入母屋造りで、いぶし瓦が輝きます。腰壁は、瓦の佇まいに気品を添える、昔ながらの杉の下見板貼り。外観そのものが、都心の街並みに伝統的な建物の風格を漂わせます。

8-4.jpg

室内も工夫をこらしました。「天井は高め」と要望されたことから、通常は柱の長さ3mのところを3.6m加工して立て、圧迫感のない開放的なリビングとなりました。構造材には多くは杉が使用されますが、柱・梁ともに、耐久性・耐水性の優れた桧を使用。大黒柱は、当社所要の栃木の山で、H様立ち合いの元に伐採された杉の丸太で、思い出深いもの。床柱には、天然の絞り丸太ほか、屋久杉、イチョウ、槙などで彩りました。まさに、選りすぐりの国産木材の展示場のよう。国産の多種多様な自然木を大量にストックしている、当社だからできること。

8-5.jpg

細部まで「美」にこだわります。襖の引き手には刀の鍔を、建具のガラスには伝統工芸士作られた江戸切子、壁には漆喰仕上げと和紙貼りといった具合。

【中庭を設け、風通し良く、日射しを温かに受ける家に】
「昔ながらの家」が大切にしたもう一つは「環境」です。

8-6.jpg

敷地は、京町家のような縦長の形状。そこで中庭に空庭を設け、1階居間と2階の通風と採光を確保しました。空調に頼らない、風通しの良い、太陽の熱をいっぱいに受ける家となりました。日本の温暖化する環境を考えれば、石油・電気・ガスなどのエネルギーを極力使わないことが、なにより大切です。

8-7.jpg

素材は、見える部分、見えない部分に限らず、すべて自然素材、国産材を使用。海外の遠い豊かな森を乱伐して木を得る「環境破壊型」でなく、国内の伐るべき木を利用して林業を盛りたてる「環境共生型」の家づくりを私たちは目指しています。それには、接着剤に頼らず、伝統的墨付け、手刻みなど、職人たちの手による心のこもった仕事が絶対に必要なのです。「美」と「環境」を追求したH邸は、自然と一体となれる、呼吸の楽な家になりました。
by 河合工務店施工事例2020.08.27
前のページ  TOP  次のページ

Copyright © KAWAI-KOUMUTEN All Rights Reserved.