画像ファイルが無い
東京都中野区の河合工務店が自然素材での健康住宅設計・リフォームについて書きます。
カレンダー
<< 2020年  8月 >>
                  1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31               

日本の風土を生かした木造教会

【8mの大梁と障子の灯りが、心清める礼拝堂】

2-1.jpg

木の清々しい香りが、礼拝堂に漂っています。大屋根を8mの長さ赤松の梁が支える風景が圧巻の和泉多摩川教会。
教会といえば、荘厳なステンドグラスの光を思い浮かべられるでしょうが、この木造教会で祈る信者を照らすのは、障子からもれる温かな陽射しと、和紙の照明による柔和な灯りです。

2-2.jpg

もともと教会は、レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」にあるように、キリストを信仰する者がキリストを中心に食卓(祭壇)を囲む空間でした。
「住まい」が原点だったのです。
そして、ロマネスク、バロック、ゴシック様式のように、初めから堂々たる建築であったわけではありません。
素材もその土地の石でつくられました。和泉多摩教会は、まさに「日本の教会」です。日本の素材と伝統工法で、丹精込めて住まいをつくり続けてきた河合工務店の理念と技術がつまっていますから。

【光と風が気持ちいい、大工手刻みの無垢材空間】

2-3.jpg

春夏秋冬、堂内の空気は爽やかで、暑くも寒くもならず。
なんと、空調機器やソーラー発電などにも頼っていません。
多摩川の風道、道路の位置付け、近隣住宅の距離、緑地の関係を考えた間取りを工夫することで、光と風を豊かに心地良く取り込める空間となりました。

2-4.jpg

素材は、国産材の杉、桧、松など10種類を使用。
構造体は機械(プレカット工法)に頼らず、大工による墨付や刻みで、金物も使っていません。「伝統的環境建築」と言うことができるでしょう。
日本は国土の70%が森林であり、法隆寺などの仏教寺院も木で建立されてきました。
心を清める宗教施設は、コンクリートや鉄でなく、伝統的木造軸組み工法がふさわしいはずです。
ただ、8mの赤松の丸太5本を探し出すのは大変でした。
工事契約する1カ月前から、福島県の協和木材様に、河合工務店社長、棟梁、材木店、建築士が総出で訪れて丸太を選別。直径50cmもある素晴らしい材を手に入れることができました。

【床に段差なく、エレベーター配置の徹底バリアフリー】
建物は、ご高齢の信者の方々に配慮した、徹底的なバリアフリー空間に。

2-5.jpg

床には段差なく、外からの三和土仕上げのスロープでゆったり歩け、2階へは3人乗りエレベーターで上がれます。
2階の礼拝堂には納骨室もあり、幅広い階段で1階から登ってくることもできます。
1階は小集会と厨房が一体となっており、牧師室、身障者用のトイレを設置。
カーテンでなく障子を多用することで遮熱性能を高めています。
壁は漆喰・土佐和紙・杉板、床は栗材・桧材、小屋裏と天井に杉板を張り、すべての素材で湿度調整が行われるようにしました。

2-6.jpg

無垢の木によって、日本の高温多湿の風土に対処することができます。
苛烈な砂漠の風土に誕生した一神教の神は、この森の国の教会では、柔らかな光の中で優しく微笑まれることでしょう。
by 河合工務店施工事例2020.08.06

【施工事例B】光と風が感じられる癒しの家

こんにちは、河合工務店です。

今回は河合工務店が実際に施工した家を、設計士の視点からご紹介します。
河合工務店の家づくりに対する想いが皆様にお伝えすることができれば幸いです。
ぜひご一読ください。

1-1t゙N゙.jpg

【お客様の想い】
家を建てる予定の土地は、住宅地の一角でした。

◆光や風を感じて、夫婦でほっこりできる空間をつくりたい
◆おばあちゃんが建てた家の建具やちゃぶ台、茶箪笥などを大切に残していきたい

お施主様からはこの2点のご希望をふまえ、「海外出張など多忙なご主人様とマイペースな奥様が、一緒にのんびり過ごすことのできる家」を目標に、設計にあたりました。

【そのご希望を実現するためにやったこと】

1-2t゙N゙.jpg

古い建具、ちゃぶ台や茶箪笥なども、設計段階から移植する場所、置く場所を考えてプランニングをして、新しい家にも馴染む様にしました。
さらにこの土地の一番良い場所に2階リビングと、そこから外につながるテラスを設置して、光と風を感じられる空間を実現しました。

1-3t゙N゙.jpg

テラスの他にも炎を眺めて楽しめるペレットストーブ、カウンター式の食卓といった、他愛のない時間が過ごせる場所を作り、夫婦でほっこりした時間を過ごせるようにご提案しました。

【大変だったところ】
この土地に建っていた家を解体すると、下から井戸が出てくるというサプライズがありました。
それを再生するのには少々苦労しましたが、今となってはいい思い出です。

1-4t゙N゙.jpg

お施主様からは「時間はかかったけれど、想像以上の素晴らしい家になった」とお褒めいただきました。
お施主様からの感謝のお言葉と笑顔が、私たち家づくりに携わる人間にとって何よりも嬉しいことです。
私たちの方こそ、今回はとってもよいご縁をいただき、本当にありがとうございました。

このように設計士が熟慮して皆様の理想の家を実現します。
どんなご希望もまずはお気軽にお話してくださいね。
※今回ご紹介した事例は、インスタグラムでも多くのお写真を紹介しています。
ぜひチェックしてくださいね!
⇒https://www.instagram.com/kawai.koumuten/

(担当設計士:いちかわつくみ建築設計室 市川 創己)
by 河合工務店施工事例2020.08.04

【ロンドンで暮らした古く美しい家への憧れ】

8-1t゙N゙.jpg

「家は買うもので、自然素材って何?」。
そんなところからスタートしたO様。
今、当社と共に建てられた家で、ご自身が購入された古家具に囲まれ、心地良い木の空間での生活を楽しまれています。
当初は、お子さんが小学校に入学する2009年春までに、永住の地に移ろうと家を探されました。
ご主人のお仕事の都合で駐在していたロンドンでは、古く美しい一軒家に住まわれていたので、静かな環境にある戸建てへの憧れを強く抱かれましたが、東京都内では無理だとあきらめ、マンションのモデルルームや住宅展示場などを見学。
しかし、どこも居心地が悪く、求める家が見つからない。
そんなときに出会った「大地を守る会」の住宅チームより、河合工務店をご紹介いただいたとのこと。
早速、O様ご夫婦は、当社をご訪問され、河合孝社長(現会長)より自然素材の住宅についての説明を受け、N邸(「善福寺の家」)を見学。
「こんな美しい家に住みたい!」と思われ、家づくりを決意されました。

【地盤調査の再調査で「強度不足」のハプニング】
まず、苦労されたのは土地探し。緑も多く閑静な環境をと、石神井公園一帯に的を絞って探されました。
その間、見学会で知り合われたN様のアドバイスや、書かれたブログ(当社との家づくりの経緯)から、自然素材の家について学ばれました。
また、「大地を守る会」の勉強会・見学会に参加して情報収集。
土地や設計者の選定も行い、いよいよO邸新築プロジェクトが始動しました。
設計も順調に進んでいたとき、ハプニングが発生。
土地購入前に簡易の地盤調査を行って「良好」という判定を受けたのですが、いざ着工前に再度検査を行うと「強度不足」とされました。
すべてをストップして対応策を検討。結局補強工事、費用が別途かかってしまいました。ちなみに、3万円ほどの安い受注額で調査を受け、100万円単位の地盤補強に持っていく「地盤調査会社」が横行しています。
10万円単位で少し高くても、地盤調査しか行わない会社での地盤調査をお勧めします。

【古材屋で買った建具でアンティークな部屋に】
O様の家づくりにおける学びや熱心さは、目覚ましいものがありました。
8-2t゙N゙.jpg

自ら古材屋に出向かれ、歴史ある良質な建具や障子など購入。
それらをうまく設計に織り込むことで、雰囲気のある部屋となりました。
ロンドンでの古いモノに囲まれ暮らした感性を存分に生かされたようです。

8-3t゙N゙.jpg

「2階キッチンは、子どもがどこにいても会話ができるように壁をつけない」
「オープンキッチンに。収納も目立たないよう引き戸奥の棚にすっきりと」など、生活スタイルを考え抜かれたご要望を、どしどしなされました。

8-4t゙N゙.jpg

11月には地鎮祭を行い、着工。週に1回は現場に足を運ばれ、大工たちを励まし、その仕事に感激されました。
これはつくり手としては大変嬉しいことです。
O様との家づくりを通して、建て主の方の「こうしたい!」という想いをしっかり共有することが大切なのだと改めて実感しました。
もちろん、つくり手として譲れないことは、きっちりお伝えする。
そうした真摯なやり取りの中で、かけがえのない家が誕生するのだと思います。

by 河合工務店施工事例2020.07.30

健康住宅は「季節」を取り入れると、もっと心地いい!

こんにちは、河合工務店です。

7月に入り、日本の夏らしい日が続いていますね。
皆様、いかがお過ごしでしょうか。
特にここ2、3年の東京は猛烈な暑が私たちの体力を奪い、季節を楽しむ余裕もなくなってしまうほど。

そこで毎日の暮らしに夏らしいアイテムを取り入れて、
少しでも「涼」を取り入れられればと思いながら過ごしております。

7t゙N゙.jpeg

私たちは毎年夏になると簾(すだれ)を窓に取り付けています。
直射日光を簾が遮ってくれるので暑さが軽減されますし、風も通るので時間帯によっては心地の良い空気を家の中にいれることができます。
暑さが落ち着いた時間を見計らって、エアコンを消して外の風を感じてみませんか?
簾が木の床に落とす影を見ながらゆっくり風に当たる時間も、風流でいいものですよ。

購入するときは、天然素材を扱った簾を選ぶことをおすすめします。
意外と自然素材「調」の簾も多くあり、それらは間違いなく化学物質が使われています。
ここちよい風に乗って化学物質が家の中に入ってきてしまったら、せっかくの健康住宅も
泣いてしまいますね。
簾を購入するときは、是非自然素材のものを選んでくださいね。
先人の知恵を活かした生活アイテムを取り入れて、心地よく夏を過ごせたら良いですね。

まだまだ暑い日は続きます。
皆様もどうか体調を崩されないよう、お気をつけください。

「本物の自然素材の家」にこだわる

【洋館風の塔がある「和」の家で、暮らしを楽しむ】

6-1t゙N゙.JPG

明治時代の洋館風に塔屋を屋根に乗せたN邸宅。
土壁(徳島産)と杉板(栃木産)の落ち着いた外観が、周囲の住宅になじんでいます。

6-2t゙N゙.JPG

訪問者は、1階居間に入るなり、圧倒的な木の空間にくつろいでしまうでしょう。
杉の天井と栗(岩手)の床、塗壁(ドロマイトプラスター仕上げ)に囲まれた室内の空気は澄んでいます。
中央テーブルは、建て主のN様ご夫婦が古材センターで衝動買いした120年モノの蔵の戸。

6-3t゙N゙.JPG

続きのキッチンは、奥様のご要望でひたすら機能的に。
収納棚は引き戸にし、調理器具は出し入れ簡単。
床下スペースを設け、自家製味噌などもつくれるように。

階段親柱に、当社が企画した森林バスツアーでご夫婦自ら伐採された杉(栃木)の大黒柱がドンと聳え立ちます。
「本物の自然素材の家」こだわられたN様ご夫婦と、つくり手の私たちの想いがたくさん詰まった住まいとなりました。

【職人技を現場で目の当たりにし、こだわりも実現】
数年かけて探しだされた敷地は、建築条件付きでした。
設計が希望とかけ離れていたので、業者と交渉して土地のみ購入。
悩んだ末、会員だった「大地を守る会」に河合工務店を紹介されます。
奥様は、河合孝社長(現会長)と会った瞬間、「この人しかいない」と思われたそうです。
希望する家のイメージが、奥様の頭にはっきりありました。

6-4t゙N゙.JPG

「国産材の無垢材を伝統的な技を持つ職人さんに建ててもらう住宅」。
「外観は、漆喰や土壁、屋根は瓦、軒や庇はできるだけ深く。二間続きの和室に、欄間と床の間をつくる」。
これらはすべてかなえられました。

6-5t゙N゙.JPG

奥様自ら1年かけて探された透かし彫りの欄間の設置、ご主人が夢見た塔の部屋、信楽焼の浴槽…たくさんのこだわりが形に。
ご夫婦は、驚くほど熱心に家づくりに参加され、現場を何度も訪問。
職人たちが、互いの息をぴったり合わせ、無駄なく丁寧に仕上げていく様子を目の当たりにし、感嘆されたそうです。

【お客様同志が、家づくり仲間として、交流深める】
N様ご夫婦は、河合工務店の家づくりをとことん楽しまれ、そして当社の理念を深く理解されました。
栃木の山を買い、山や林業を知るためのバスツアーに何度も参加。
脱塩ビ・脱合板・脱合成接着剤・脱新建材を貫き、家を壊した後も、環境に負荷をかけないという当社の信念にも共感されました。
なにより嬉しいのは、奥様が、家づくりのプロセスをつぶさにブログで記録されたこと。
分からないことがあれば図書館で調べ、私たちも知らないようなことまで書きつづられ、今では当社のバイブルとして使用させていただいています。
またご夫婦はN邸を、他のお客様のモデルルームとして進んで開放されるばかりか、その後もお客様に家づくりをアドバイスされ、交流を楽しまれています。

6-6t゙N゙.JPG

2階床の間の幕板は屋久杉で、先代の河合丈夫がストックしていたもの。河合工務店の技や歴史、そしてお客様との心温まるお付き合いが凝縮した思い出深い家です。
by 河合工務店施工事例2020.07.23
前のページ  TOP  次のページ

Copyright © KAWAI-KOUMUTEN All Rights Reserved.